So-net無料ブログ作成
検索選択

三方ローラ自作 [ボート関連]

 
浜のウインチ用に作ってみた。
砂を噛みこむ事が予想できるので、可動部にはベアリングは使わず、
ナイロンワッシャーを採用し、摩耗したら交換って構成で。
 
端材のSUS304なので、使用後は水洗い推奨。
 

 
20170708_001.jpg
 
 
20170708_002.jpg
 
 

しかし、日曜日に見たら、既にローラーが設置されていたので出せず仕舞い。
 
まぁ持っててもしょうがないので、マリーナに預ける事にします。
 
 
 
  
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

HDS-8 Gen2→HDS-9 Gen3 Touch [ボート関連]

 
かなり悩みましたが、5年保証システム適用し、
新しいGPS魚探に入れ替えました。
 
5年以内だと、手持ちの魚探の半額相当でメーカー(代理店)が買い取ってくれるので
次の魚探の差額を支払えばOKってのを、年始の飲み会の時にF12のYさんから聞いていました。

しかし、今のHDS-8に不満がある訳ではないし、まだ5年までは猶予があるはずだし、
何より車を買い替えたってのもあって、そのままにしていました。

先日フト思いだし、そう言えばHDS-8っていつ買ったんだっけかなぁと
保証書を見てビックリ。今月で5年じゃないの!
 
半額で買い取ってもらえるのは7/25まで。間に合うのか?
ジムクォーツさんにメールした所、
「適用できます。現品と保証書を送ってください。」って事だったので、
先々週の日曜日にマリーナに行き、HDS-8を回収して来ました。
   
 
 
さようならHDS-8 Gen2
20170702_001.jpg

 


わずか2日後に着荷。速っ!
こんにちはHDS-9 Gen3 Touch
20170705_001.jpg



20170705_002.jpg
端子増えたなぁー
 
 
 
20170705_003.jpg
無事通電
 
 
 
マップデータのバックアップを忘れてHDS-8を送り返しちゃったので、
過去のデータはオールクリア・・・。
 
深場のデータが無くなったのがちょっと痛い。
 
wi-fiやストラクチャースキャンのユニットが不要になったので、
ボート上の構成見直しが必要。
 
細かいセッティングはボートを浮かべてやらないとです。
 
 
気持ちを新たに臨む事にします。
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

鯛ラバの結束部品 [タックル全般]


鯛ラバの結束部品の話です。
 
浅場(100m以浅)ではダイワの紅牙の結束パーツを好んで使っています。
予備の在庫が少なくなってきたので、追加購入しようと釣具屋に行ったんですが、
3軒回っても置いて無い。

ダイワから新しい結束部品が出たようで、
旧品(?)は無くなっちゃったようです。
 
しょうがないので新しいのを買ってみましたが、
どうなんだろうこれは?

比較のために、旧品と深場で使ってるスイベルとを
並べて撮ってみました。
20170625_001.jpg
 
 
 
ユニットを付けるとこんな感じ
20170625_002.jpg
 
 
 
20170625_003.jpg
このようにラバー類はパイプのような物にチューブで固定して・・・
 
 
 
20170625_004.jpg
フックを結んだパーツと合体させる構成です。
 
 
 
なんかゴチャゴチャしてるように見えなくも無いですが、
ラバーとフックが分離されてる形態なので、考えようによっては便利?
 
とにかく使ってみないと分からないので、次回試してみます。
 
セブンスライドのユニットやジャッカルのバックファイヤーの方が
シンプルで良いのかなぁ。
 
そろそろ浅場での鯛ラバが気になって来ているので、
次回は両極で200m前後の中深海ジギングと50m以浅の鯛ラバを
やってみようと考えていますが、梅雨真只中なのでどうなることやら。
 

 
 
 
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

国道九四フェリー [その他]

 
日曜日から木曜日にかけて、島根と大分に出掛けていました。

 
島根と大分までの往路はひたすら陸路でしたが、
帰路に大分から愛媛に渡るフェリーを利用。
 
 
乗船した船は995トン、全長78.52m、主機出力2000PS×2、車両積載台数48台
5m未満は8700円(1名分の乗船代金込み) 1名の乗船代金は1070円なので
2名だと9770円
  
20170623_003.jpg
  
20170623_004.jpg
 
20170623_005.jpg
 
20170623_006.jpg
 
20170623_007.jpg
 
20170623_008.jpg
 
 
大分の佐賀関から愛媛の三崎を繋ぐ70分の船旅。
途中鳥山があったり、職漁船の船団があったり、
ナブラが出たりと、時間は短かいですが、
ちょっとした船旅で楽しめました。

 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

グラップラー301HG [ロッド・リール関連]


ジギングリール追加。
 
20170614_001.jpg
シマノのグラップラー301HG
 
 
20170614_002.jpg
スーパーファイヤーラインの#1.2を600m入れて
準備は整っているのですが、明日は雨の予報・・・。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ベアリングのメンテツール [ロッド・リール関連]

 
20170604_100.jpg
ベアリングのメンテに超便利なツール
 
 
20170604_101.jpg
ABCホビーのベアリングリフレッシュキット
 
 
シールドベアリングの脱脂とグリス充填を
手軽に可能にする道具です。
ラジコン用で売っているツールなんですが、 
このクオリティで1600円は凄く安いって感じます。
これ考えた人、天才!
 
ちなみに某釣具メーカー(?)では、
これと全く同じ物を5000円前後で売ってるそうな。
 
相変わらずですが、釣り具のニッチな分野のメーカー(?)は
ぼったくりですねぇ。
 
まぁ、この製品に関してはABCホビーが安過ぎる感じもしますが・・・。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

6月4日(日)ジギング [釣行記録(駿河湾)]

 
落とし込み好調なのは承知ですが、先日購入したジグを
使ってみたかったので深場でジギングって事で出船。
 
目的の海域に向かう途中でマリーナメンバー発見
 
20170604_001.jpg
 
20170604_002.jpg
 
常に「ヒラメ掛かりました!」と言う勘違いおぢさん、
ベイトの反応探してウロウロしてました。
 
頑張ってください!と声を掛けて離脱。
 
 
 
目的海域に到着。
他にボート無し。これは良い感じだ。
 
180mあたりから探って行く。  
ところが、反応がイマイチでポツポツ・・・
 
 
まぁジグの挙動を試すには良いか。
シマノのスティンガーバタフライセンターサーディン160gを投入。
 
フォールはまぁ普通。
そんなに流される事も無く着底。
動きの感じも掴み易い。良い感じだ。
 
しばし探って行くとフォールでゴツっとバイト。
抜いて掛けるとそこそこの重量感と抵抗。
ムツ系っぽい。
  
 
途中でバタバタするので、これは久々のアカムツか?
 
 
20170604_003.jpg
おぉー、来たよアカムツ。幸先良い。
 
 
 
20170604_004.jpg
体高のある非常にきれいな魚体。帰宅後計測38cmでした。
 
 
これは続くか!?と思いきや、その後はもぞもぞ系のバイトが2回。
 
粘ってもダメと判断し、戻る事にする。
 
 
帰着前に浅場を見に行くと・・・
 
20170604_005.jpg
正に今掛けたばっかりの小将に出くわす。
例によって「ヒラメです!」とアピール。
はいはい・・・。
 
 
 
20170604_006.jpg
ん?ホントにヒラメか?
 
 
 
20170604_007.jpg
おぉー、本当にヒラメでしたね。
 
微妙なサイズですがヒラメはヒラメですから。お見事です。
 
 
 
落とし込み人気で深場は空いてる感じなので、
凪が良ければ深場調査が面白そう。
 
ムギイカも気になりますが・・・。
 
 
 
 
 

追記
6/7(水)父親を連れて出船しましたが、不発。
落とし込みやってみましたが、ヒラメのバイトは出ますが掛かりませんでした。
ブリのナブラが凄い事になってましたが、掛けてしまうと
色々面倒なので眺めてました。久々に凄い光景を目にしました。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

忘れてた [食す!]

 
5/7の真鯛とサバ
 
撮影してUPを忘れてた・・・
 
20170507_bs001.jpg
 
居酒屋の晩酌セットみたいですが、
 
小鉢左から
・真鯛の皮とキュウリのポン酢和え
・サバの酢味噌和え
・真鯛の漬け
 
刺身皿は真鯛の湯引きと締めサバ
 
 
良い味でした。
 
 
 
 
 





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

マグシールドレス化について [ロッド・リール関連]

 
 
先日、14リョウガベイジギング(C2025PE-SH)を預かった時に、
クラッチボールベアリングの錆による固着があったのを見て、
そう言えば、私の14リョウガベイジギング(C2025PE-SHL)は
マグオイルが漏れたのでベアリング替えちゃってたなぁって事で
マグシールドレス化についての記事を書きます。
 
 
以下に記載する内容はメーカーの意図しない使い方でしょうから
これによって生じた不具合はメーカー保証対象外です。
私はそれを承知で勝手にやってるだけです。
当ブログでも推奨している訳では無く、責任は負えませんので
御承知おきください。

文章自体も長いですので、興味の無い方はスルーしてください。
 
   
 
 
14リョウガベイジギングのクラッチボールベアリングには
マグシールドボールベアリング(以下、ボールベアリングはBBと表記)が
採用されています。
 
このマグシールドBB、ユーザーでのメンテがほぼ無理。
メーカーに預けて、マグオイル充填もしくは部品交換を
するのが一般的のようです。
何せ取説に「注油禁止」って書かれてますしね・・・。
 
マグシールドが物凄く良い物で、ほぼメンテフリーであるならば
2、3年に一回程度の頻度でメーカーに預けるってのも
考えても良いのですが、そこまで持つ物じゃ無かったです。
 
買って1年程した釣行後のメンテで、スプール外したら
茶色い土のような物が大量に湧いていて、「なんじゃこりゃ!」状態。
錆では無くオイルっぽかったので、ははーん、これが巷で噂の
マグオイル漏れかと思い至りました。
 
 
このマグシールドBBは先日の記事でも書きましたが、
メーカーの修理対応品で部品のみの購入は不可。
じゃあ別のBBに換装してしまおうとしても、
サイズが一般的なBBの規格サイズではありません。
 
外径:14mm 内径:8mm 幅:5mm
この幅5mmってのが規格外。
 
通常は幅4mmで、ミネベアで言うところのDDL-1480ZZや
NSKで言うところのSMR148ZZです。
これらは普通に売られていますが幅5mmはダイワ独自の寸法のようで・・・。
 
じゃあどうするか?
 
1.メーカーに預ける
2.自力でどうにかする
 
1.は説明不要で、そのまんまです。
2.はタイトルにもあるマグシールドレス化です。
要は一般的なBBにシムをかまして幅を5mmにしてしまう方法です。
 
メーカーに修理対応で出しても、いつ戻って来るか分からなかったので
ひとまず自分で対応しちゃおうって事で、2.を選択。
以来そのままで、現在に至っています。
 


実際自分はこの方法で2年ほど使っていますが、
今のところ問題は起こっていません。
(落とし込みやライトなジギングでの使用で
月に2回10時間程度の稼働率。
釣行毎の洗浄と回転部及び摺動部の注油は実施。
最大の負荷掛かったと思われるのは
7、8kgのワラサの時ですが問題無かったです。) 
 
 

私の言うマグシールドレス化は至って簡単。
外径14mm 内径8mm 幅4mmのBBと
外径14mm 内径10mm 幅1mmのリング状のシム
(シムリングとかリングシムと呼ばれるもの)を用意します。

シムの内径はBBの内輪と干渉しなければ良いので
10mmか12mmが妥当と判断。入手し易さから10mmを選択しています。

 
 
画像を使って説明します。
 
20170531_002.jpg 
クラッチボールベアリングが入る場所です。
 
 
 
20170531_003.jpg
スプール側にシムを入れます。
(ここでは磐田製作所のSUS304製
 外径14mm 内径10mm 幅1mmを採用)
 
 
 
20170531_004.jpg
BBを入れます。
(ここではNSKのキャストップ
 SMRA148A2-H-X1ZZを採用)

これで他の部品を組み付けて終了。
 
 
 
ちなみに・・・
 
20170531_005.jpg
左が一般市販品のBB 右がマグシールドBB
 
 
 
20170531_006.jpg
このように幅が違います
 
 
 
20170531_007.jpg
シムを入れて幅を合わせるとこのようになります。
  
 
 
この手法はベアリングとシムのサイズを変えれば、
他のマグシールドBBの箇所でも可能なので、
マグシールドがダメになったら、順次切り替えて行くつもりですが、
今のところ他のマグシールドBB搭載機(ジリオン系)は不具合無しです。

ジリオン系は、ピニオンの支持部だけがマグシールドBBなので
そこは問題が起こり難いのでしょうか?
そう言えばリョウガベイジギングのピニオン支持部も問題無く使えてますね。
 
まぁ何れにせよマグシールドBBには懐疑的なので、
今後も不具合出たら即交換って事で。
 
  
 
  
  
BB備忘録
 
外径14mm 内径8mm 幅4mm
 
ステンレス製BB
 ミネベア 両側シールド DDL-1480ZZ
 NTN 両側シールド WBC8-14ZZ
 NSK 両側シールド SMR148ZZ
何れも300円前後

耐食性を向上させたステンレス製BB
 NSK キャストップ 両側シールド
 SMRA148A2-H-X1ZZ 500円前後
 
※キャストップは釣具メーカー純正の防錆BB(CRBBやARC)が
 ダメになった場合の換装品としても使っている。
 釣具メーカー純正BBは1000円前後に対し、キャストップはほぼ半額。
 バーチカルな釣りにおいては、私には性能差を感じる事が
 出来なかったので採用中。
 
 キャストップ NSKマイクロプレシジョンの製品
 リンク→http://www.nskmicro.co.jp/products/products07_01.html
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月28日(日)落とし込み [釣行記録(駿河湾)]



この日はマリーナの大心丸さんに乗せてもらう事に。

なぜか小将も乗る事になったのが意味不明ですが・・・。

Iさん操船で5:00過ぎに出船。

ここんとこ好調な海域に入りベイトを探す。


群れ自体小さめのようで、なかなか難しい状況。
 
ベイトの反応を一緒に見ながら2周波を使って、
潮と風を考慮し探って行く。
 
何回かの落としては巻き上げを繰り返していると、
Iさんに何かがヒット。
イワシ付くと同時なのか、フォールで喰った模様。
引き方からすると青物では無いし、真鯛でも無い。
 
20170528_001.jpg
メガアジじゃない?って言いつつ巻いて来ると
 
 
 
 
20170528_002.jpg 
おぉー良いサイズのメガアジ!
 
 
 
幸先良い。
 
 
20170528_000.jpg
近くに居たKASARI丸さんが撮影してくれました。
 
 
 
 
  
その後、小将にバイト。
「ほうら、来ましたよ。ヒラメですね。
まだまだ、まだまだ、   
今だ! 乗りました、ヒラメです!!」 独演会開催中・・・
 
 

「この上品な引きはヒラメですね。フフフ。」
 
上がって来た魚は・・・
 
 
  
はい、もう皆さんお分かりですね サバでした。
 
Iさんも私もカメラ出さず。
  
そんなことはお構い無しに、船上を血だらけにして
解体作業を進める小将。
 
 
 
 

しばらくすると私に大きなバイト。
サバが複数掛かった?と思った瞬間突っ走る。
ワラサか?
強引にやり取りすると、切れちゃいました・・・。
 
 
ベイトもまばらなようで、苦戦するIさん。
見かねた小将、
「Iさん、頑張った。そろそろ交代かなぁ。」
自分が操船しましょうか?と言うのかと思いきや、
私に舵を取れと・・・。
  
完全に自分Firstですね・・・。
 
 
まぁそうは言っても、私もF13の挙動を体験したかったので操船交代。
 
 
 
ベイトがまばらだ・・・。

探しまわりポツポツとベイトが付く。
バイトも出るけど喰い込まない状況が続く。
Iさんに至ってはイワシが付かない状況が多々ある。
 
一方の小将はたいがいの流しでイワシを掛けてる。
サビキの差と落とすスピードの差かなぁ。
 
結構色々なタイプのサビキを持ち込んでいるようで、
小将のを見ながらサビキチェンジ。
 
ちょっと得意げな小将。
 
 
そして、またしても
 
「来ましたよ。ガツンと一発来たので、もうちょい待って・・・
多分ヒラメですね。まだまだ、まだまだ、 おっ喰い上げた。   
今だ! 乗りました、ヒラメです!!ヒラメです!!!」
 
再び独演会開催・・・
 
 
「この上品な引きはヒラメです。さっきのとは違います。ヒヒヒ。」
 
 
上がって来た魚は・・・
 
はい、もう皆さんお分かりですね エソでした。
 
20170528_003.jpg
 
20170528_004.jpg
ってか、デカっ!
 
 
ヒラメ→サバ
ヒラメ→エソ
 
さて、次は? なんて言ってると、Iさんにヒラメっぽいバイト。
 
 
 
じっくり待って、完全に持って行ってから合わせる。
乗った!!
 
20170528_005.jpg
 
ちょっと小さめですが、本命のヒラメゲット!
おめでとうございます。
 
 
 
 
こんな感じの合間に、私にもじれったいバイトが出て、
上がって来たのはそこそこのコチ。(画像無し Iさんに進呈)
 
 
 
ちょっと風が上がって来ちゃったので予定より少し早めに終了。
 
 

と、まぁこんな感じで楽しめた釣行でした。

今度は2名乗船でF13操船してみたいので、
機会あったら、またよろしくお願いします。
 
 
ところで小将、Iさんの何か役に立つような事をしましたか?
 
 
 
 
 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog