So-net無料ブログ作成
検索選択
釣行記録(駿河湾) ブログトップ
前の10件 | -

8月16日(水)鯛ラバとジグとエビ餌と落とし込み [釣行記録(駿河湾)]

 
雨の予報で天気が微妙だったけど現地へ。
大将丸のIさんファミリーとS13のKさんしか居ない。
あれ?皆さん仕事?それとも雨予報でパスか? 
 
幸な事に雨は降っていないし、風も無い。 
ならばと、鯛ラバ/ジグ/エビ餌/落とし込みのタックルを積み出船。
とにかく赤いやつを!
 
 
開始早々に鯛ラバを巻いていた弟にアマダイ。
まずは1つ。
 
ポツポツ真鯛っぽい反応は出るも、喰ってこない。
ジグにサバは喰ってくるけど・・・
 

 
大きく移動したところでベイトと、その下に何かいる反応を得る。
サビキを落とすとイワシが付くので、弟には鯛ラバを落とさせる。
すぐにヒット(弟が)
 
20170816_001.jpg
40弱ゲット
 
続けて「鯛っぽいけど軽い」と言いつつ上げて来たのは
30弱のレンコダイ(キダイ) ※画像無し
ここでレンコは初めて見た。
 
 
 
雨がぱらつき出し、徐々に強くなってきた・・・
粘ってベイト(イワシ)の反応を探して落とし込み仕掛けを入れると、
イワシでは無くサバの反応だったようで、4本針全てにサバが掛かる・・・。
 
最後に根周りでカサゴを獲って帰ろうって事で、近場の根周りに移動。
一発大きなのが掛かる。まさかこの場所で大きなハタか?
いや、引きが変。
 
浮かんできたのは何と、大きなウツボ・・・
危険なのでリーダーを切ってバイバイ。
 
25cmくらいのカサゴをエビ餌で2つキープし釣りを終了。
 
 
弟は「アマダイ」「真鯛」「レンコダイ」と3つの鯛を捕獲。見事。
私はサバとカサゴ。
 
 
帰着~片付け時に、雨は本降りに・・・
 
濡れたままカバーを掛けるハメになってしまったので、
近日中にマリーナ行って掃除と乾燥作業の予定。
 


 
 
フックに小細工したジグはサバには好評でしたよ・・・。
 
 
 
釣果の画像がありませんが、食す!で加工後の魚を掲載します。
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

8月13日(日)鯛ラバとジグ [釣行記録(駿河湾)]

 
弟が帰省して来てるので、恒例の釣行。
 
真鯛をと出船するも、潮効かないし、真鯛っぽい反応出てるのに喰わないし・・・
 
 

途中でイワシ団子発見。
20170813_001.jpg
 
20170813_002.jpg
 
ボートに着いちゃったので、良い機会なのでしばし観察。
イワシの直下にはペンペンがいっぱい。
さらにそのちょっと下にはマルソウダ。
 
しばらくすると・・・
 
 
20170813_003.jpg
 
 
20170813_004.jpg
 
「イワシ掬人」が登場。
クーラーBOXいっぱいに捕獲し、大漁!って・・・
 
 
 
 
釣果はサバ/ソウダ/シイラの「3S」
大き目のサバを2つキープしました。
 
次回は赤いのを徹底的に狙います。
 
 
 


 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

7月16日(日)ジグと鯛ラバ [釣行記録(駿河湾)]

 
深場でジグって、その後鯛ラバへ。
 
深場はイカのようなバイトが2、3回あっただけでどうもパッとしない。

浅いトコに入り、スピニング鯛ラバで
20170716_001.jpg
 
 
20170716_002.jpg
50UPのオス 貝類を食べてそうな個体だったので
味が心配でしたが、良い味でした。
 
 
表層でジグを引くと
20170716_003.jpg
ペンペン
  
 
 
フォールの途中でサバ(画像無し)
※前回よりも細いのでキープせず
 
 
 
沈めてしゃくると
20170716_004.jpg
マルソウダ
 
 
 
 
メーター超えのシイラの回遊も確認しました。
  
いよいよ夏の海になって来た感じです。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

7月9日(日)ジグと鯛ラバ [釣行記録(駿河湾)]

約1か月ぶりの釣行。

今回は・・・
・GPS魚探のセッティング
・グラップラーの使用感チェック
・スピニングで鯛ラバってどうよ?
この3つを題目に出船。
 
 
最後尾で出船し、まずは岸近くで魚探をセッティング。
20170709_001.jpg
 
 
深場へ向けて針路を取る。(って言ってもデータ無いので適当に)
 
何となくこのへんか?って位置に近付くと、けっこうボートが多い。
思うように探れず、ポツポツした反応でバイト2発のみ・・・。
 
まぁグラップラーが良い感じってのが分かったので離脱し、浅場へ移動。
 
 
 
途中で大きなナブラ。
サバとワカシが凄い事になってる。ジグが沈んで行かない。
 
鯛ラバにするとフォールでのバイトはある程度回避可能。
回収を速くしようとすると、喰っちゃう。
 
サバのサイズが良いので、1本キープ。
 
 
 
 
70~40mのエリアに入り、スピニングの鯛ラバで探って行く。

60m近辺は真鯛っぽい単体の反応が多め。
40m付近はベイトが非常に濃い。
 
 
 

 
ボトム付近で軽いバイトを得る。引きは真鯛っぽい。
 
20170709_002.jpg
35、6cmの真鯛
 
 
 

ニューロッドのシェイクダウン終了
20170709_003.jpg
シマノ炎月SS S610MH
 
 
 
引き続き探って
20170709_004.jpg
50UP追加
 
 
 
戻る途中で海快丸さんを発見。
近付くと、丁度魚を取ったところだったようで、
ナイスな太さのワラサ(ブリ?)を見せてもらう。

サバやワカシが多いのはこのエリアも同じだそうで。 
 
 
 
最後にマリーナ近くの浅場に入り、てきとーにブン投げて遊んで
超ショートバイトが1回出て終了。
 

 
スピニング面白い。
 
ベイトは掛けるまでの楽しみが大きく、スピニングは掛けてからの楽しみが大きいって印象。
今後鯛ラバやる時はベイトとスピニング両方持ち込んで検証継続。
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

6月4日(日)ジギング [釣行記録(駿河湾)]

 
落とし込み好調なのは承知ですが、先日購入したジグを
使ってみたかったので深場でジギングって事で出船。
 
目的の海域に向かう途中でマリーナメンバー発見
 
20170604_001.jpg
 
20170604_002.jpg
 
常に「ヒラメ掛かりました!」と言う勘違いおぢさん、
ベイトの反応探してウロウロしてました。
 
頑張ってください!と声を掛けて離脱。
 
 
 
目的海域に到着。
他にボート無し。これは良い感じだ。
 
180mあたりから探って行く。  
ところが、反応がイマイチでポツポツ・・・
 
 
まぁジグの挙動を試すには良いか。
シマノのスティンガーバタフライセンターサーディン160gを投入。
 
フォールはまぁ普通。
そんなに流される事も無く着底。
動きの感じも掴み易い。良い感じだ。
 
しばし探って行くとフォールでゴツっとバイト。
抜いて掛けるとそこそこの重量感と抵抗。
ムツ系っぽい。
  
 
途中でバタバタするので、これは久々のアカムツか?
 
 
20170604_003.jpg
おぉー、来たよアカムツ。幸先良い。
 
 
 
20170604_004.jpg
体高のある非常にきれいな魚体。帰宅後計測38cmでした。
 
 
これは続くか!?と思いきや、その後はもぞもぞ系のバイトが2回。
 
粘ってもダメと判断し、戻る事にする。
 
 
帰着前に浅場を見に行くと・・・
 
20170604_005.jpg
正に今掛けたばっかりの小将に出くわす。
例によって「ヒラメです!」とアピール。
はいはい・・・。
 
 
 
20170604_006.jpg
ん?ホントにヒラメか?
 
 
 
20170604_007.jpg
おぉー、本当にヒラメでしたね。
 
微妙なサイズですがヒラメはヒラメですから。お見事です。
 
 
 
落とし込み人気で深場は空いてる感じなので、
凪が良ければ深場調査が面白そう。
 
ムギイカも気になりますが・・・。
 
 
 
 
 

追記
6/7(水)父親を連れて出船しましたが、不発。
落とし込みやってみましたが、ヒラメのバイトは出ますが掛かりませんでした。
ブリのナブラが凄い事になってましたが、掛けてしまうと
色々面倒なので眺めてました。久々に凄い光景を目にしました。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月28日(日)落とし込み [釣行記録(駿河湾)]



この日はマリーナの大心丸さんに乗せてもらう事に。

なぜか小将も乗る事になったのが意味不明ですが・・・。

Iさん操船で5:00過ぎに出船。

ここんとこ好調な海域に入りベイトを探す。


群れ自体小さめのようで、なかなか難しい状況。
 
ベイトの反応を一緒に見ながら2周波を使って、
潮と風を考慮し探って行く。
 
何回かの落としては巻き上げを繰り返していると、
Iさんに何かがヒット。
イワシ付くと同時なのか、フォールで喰った模様。
引き方からすると青物では無いし、真鯛でも無い。
 
20170528_001.jpg
メガアジじゃない?って言いつつ巻いて来ると
 
 
 
 
20170528_002.jpg 
おぉー良いサイズのメガアジ!
 
 
 
幸先良い。
 
 
20170528_000.jpg
近くに居たKASARI丸さんが撮影してくれました。
 
 
 
 
  
その後、小将にバイト。
「ほうら、来ましたよ。ヒラメですね。
まだまだ、まだまだ、   
今だ! 乗りました、ヒラメです!!」 独演会開催中・・・
 
 

「この上品な引きはヒラメですね。フフフ。」
 
上がって来た魚は・・・
 
 
  
はい、もう皆さんお分かりですね サバでした。
 
Iさんも私もカメラ出さず。
  
そんなことはお構い無しに、船上を血だらけにして
解体作業を進める小将。
 
 
 
 

しばらくすると私に大きなバイト。
サバが複数掛かった?と思った瞬間突っ走る。
ワラサか?
強引にやり取りすると、切れちゃいました・・・。
 
 
ベイトもまばらなようで、苦戦するIさん。
見かねた小将、
「Iさん、頑張った。そろそろ交代かなぁ。」
自分が操船しましょうか?と言うのかと思いきや、
私に舵を取れと・・・。
  
完全に自分Firstですね・・・。
 
 
まぁそうは言っても、私もF13の挙動を体験したかったので操船交代。
 
 
 
ベイトがまばらだ・・・。

探しまわりポツポツとベイトが付く。
バイトも出るけど喰い込まない状況が続く。
Iさんに至ってはイワシが付かない状況が多々ある。
 
一方の小将はたいがいの流しでイワシを掛けてる。
サビキの差と落とすスピードの差かなぁ。
 
結構色々なタイプのサビキを持ち込んでいるようで、
小将のを見ながらサビキチェンジ。
 
ちょっと得意げな小将。
 
 
そして、またしても
 
「来ましたよ。ガツンと一発来たので、もうちょい待って・・・
多分ヒラメですね。まだまだ、まだまだ、 おっ喰い上げた。   
今だ! 乗りました、ヒラメです!!ヒラメです!!!」
 
再び独演会開催・・・
 
 
「この上品な引きはヒラメです。さっきのとは違います。ヒヒヒ。」
 
 
上がって来た魚は・・・
 
はい、もう皆さんお分かりですね エソでした。
 
20170528_003.jpg
 
20170528_004.jpg
ってか、デカっ!
 
 
ヒラメ→サバ
ヒラメ→エソ
 
さて、次は? なんて言ってると、Iさんにヒラメっぽいバイト。
 
 
 
じっくり待って、完全に持って行ってから合わせる。
乗った!!
 
20170528_005.jpg
 
ちょっと小さめですが、本命のヒラメゲット!
おめでとうございます。
 
 
 
 
こんな感じの合間に、私にもじれったいバイトが出て、
上がって来たのはそこそこのコチ。(画像無し Iさんに進呈)
 
 
 
ちょっと風が上がって来ちゃったので予定より少し早めに終了。
 
 

と、まぁこんな感じで楽しめた釣行でした。

今度は2名乗船でF13操船してみたいので、
機会あったら、またよろしくお願いします。
 
 
ところで小将、Iさんの何か役に立つような事をしましたか?
 
 
 
 
 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月20日(土)落とし込み [釣行記録(駿河湾)]

  
前日に急な仕事の依頼が入り残業。
睡眠不足でジギングは億劫なので、
近場で落とし込み調査する事にして現地へ。
 
先週好調だったからか、朝一から饒舌な小将。
海快丸さんや大心丸さん相手に講釈垂れてるし。
出る前からそんなに調子に乗って大丈夫なのでしょうか?
 
 
 
 
ほぼ最後尾で出船。
先週入ったエリアに向かうと、前方から小将接近。
「ベイトが居ません!(焦)」
「来る途中の○○根のところでベイトをちょっと見たので、そっちに回ってみます!」と。
引き波バリバリで去って行った。 
 
 
目的の海域到着。
確かにベイト居ないね。
方々を見て回るもベイトの群れを発見できず。
真鯛っぽい単体の反応は出るけど、これを狙って獲るの難しそうなのでパス。
 
 
引き続きベイト探し。 
 
 
しばらくたってから、小さいし移動も早いけどイワシの群れを発見。
 
ベイトが居ない!と言っていた小将に電話。
ちょっと離れた位置にいたようだけど、すぐにこっちに来るとの事。
 
 
小将到着。
群れは居るには居るけど、小さいし速いってのを説明。
しばらくすると、第二大将丸のエース(小将では無い)が
ロッドを曲げてる。おぉ、さすがにやるねぇ。
しかし、惜しくもフックアウト。
 
 
こっちも細かく移動しつつベイトを掛けてボトムへ送り込む。 
ベイトが付いて落とすとすぐに大型魚からの反応はあるが、
喰い込まない。
 
20170520_001.jpg
前回よりもベイトが大きいのが原因か?
 
ヒラメの歯型が残ってるのもあるので、バイトが来たら、
完全に持って行くまで待ってみる事にする。
それで居なくなっちゃたら、潔く諦めるって事で。
 
バイト出たのでクラッチ切って張らず緩めずでしばし放置。
 
相当待ってから、もう良いやってんで合わせくれると、
・・・。
真鯛っぽいんですが。
 
20170520_002.jpg
 
20170520_003.jpg
非常にきれいな50UP捕獲。
 
 
引き続き探って行くと、一発ガツンと来て終了。
回収すると、フックの根元付近から切れてた。真鯛か?

その後、ヒラメっぽいバイトが2発でるも両方スカで終了。
 
 
 
ちょっと難しい状況だったけど、これはこれで面白いモンです。
 
 
ちなみに小将は落とし込みでの釣果は無しだったそうです・・・。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月14日(日)落とし込み 第二大将丸 [釣行記録(駿河湾)]

 
土曜日は天候悪く出船不可。
 
日曜日(今日)は昼前から風が吹く予報。
深場は諦め、近い所で鯛ラバと落とし込み。
 
うーん、だったら小将のボートに乗せてもらって
近場の落とし込みでもやってみるかな?と打診。
乗船OKの話をもらうも、なぜか操船は私って話に。
 
は?
 
 
鯛ラバと落とし込み用のタックル(と言っても鯛ラバの硬めのやつですが)を積み
不本意ながら第二大将丸を操船する事に。
 
まずボートの上が乱雑。
絶対に使わないであろう道具とか備品を積む必要は無いだろうに・・・。
ナイフやフィッシュグリップ、バケツやウェス、柄杓が散乱してるし。
狭い船上なので、もうちょっと整理した方が良いと思いますよ。
足元に転がってた道具類を片付けて今日の仕事場を確保し出船。
 
目星を付けてたエリアに入るとポツポツとベイトの反応はある。
けど、ちょっと違う感じ。
これは方々を探し拾って行くのがベターな感じかなぁ。
 
ところどころで真鯛っぽい単独の反応が出るので、
鯛ラバを通して見るも反応無し。
ならば鯛ラバは封印し、ベイト探しに注力って事で。
 
 
 
探しつつ落として行く。
良い感じでベイトが付き、そのまま落としてすぐにドンって
理想のパターンを得る事に成功。
 
 
 
20170514_001.jpg
本人はヒラメ、ヒラメと連呼してましたが、
すぐに叩く動きを感じて真鯛確定。
 
 
 
20170514_002.jpg
本命(?)ヒラメ登場
 
 
 
20170514_003.jpg
真鯛追加
 
 
 
20170514_004.jpg
今日一の引き込み!
 
 
 
20170514_005.jpg
60UP捕獲!!
 
 
 
自分の画像が全く無いですが、40UP真鯛1つ、50弱ヒラメ2つと40UPヒラメ1つ、
40UPハタとサバも獲れました。
朝一にバラした恐らくヒラメがかなりのサイズだったと思われ、
それが獲れなかったのが残念・・・。
 
 
ベイトの反応はそこかしこで出てますが、その下で喰うかどうかの判断が難しい。
 
今回は上手くはまり、ベイトを見つける→先回りする→すぐに落とす→
ベイトが付く→そのまま落とす→すぐにドンで釣果を得る事が出来ました。
 
探すのが一苦労で、釣ってるより探してる方が永いのがちょっとですが、
ベイトさえ付いてしまえば、すぐにバイトは得られたので、
ゲストも満足の行く釣りだったようです。
(操船者としての責務は果たせました。)
 
 
ボートが少ないと自分のやり方でも通用しますが、
船団になってるような場所でしか獲れないって状況になるとお手上げです・・・。
 
ベイトとなるイワシ(今回は背黒かな?)が10cm前後だったので
一番扱い易いサイズだったのも好釣果の要因の一つかな。
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月7日(日)鯛ラバ [釣行記録(駿河湾)]

連休最終日の釣行。
 
土曜日の交通状況見て、たいしたこと無かったので
日曜日に行く事に決定。
 
 
昼前から風が上がって来る予報だったので、
深場は行かず、近場で鯛ラバとベイト反応を探してジグで探る。

ポツポツ反応を粘って獲るってスタイルを強いられるかんじだけど、
今日はしょうがないので諦めて粘ってみる。
 
やっとこさ喰って来たのは
20170507_001.jpg
 
20170507_002.jpg
 
20170507_003.jpg
 
50弱の真鯛。
 
 
後半でジグってたら大き目のサバ(画像無し)
 
 

 
 
落とし込みで好調のメンバーも居たので、次回は落とし込みやってみるかな。
 
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月3日(水) 紅牙 TW 4.9L-RM [釣行記録(駿河湾)]

 
前回は前半の鯛ラバが不発だったので、今回は順番を変えて
ジグやってから鯛ラバってプラン。
 
翌日親戚が集まるとの事なので、何らかの魚を獲って提供したいところ。
 
 
 
5時過ぎに出船。
20170503_000.jpg
 
 
寄り道的に途中の70~80mの反応を見て行くも、
前回と同じような感じなので、粘らずに沖へ出る。 
 
 
到着しスパンカーを広げてると海希丸さんがやってくる。
真鯛1つ獲ったので深場に来ましたとの事。
それは良い流れですね。
私は深場で何か獲ったら後半で真鯛追っ掛けるプランを考えてたけど
逆の方が良かったかなぁ・・・。
 
 
 
水深170mあたりから流す。反応はポツポツ出てるが喰わない。
 
230mまで移動。200mあたりに何らかの反応。
フォールでジグが止まる。きたかムツ系?
引き方が違う・・・サバっぽい。
 
ブルブルした引きと、残り10m程で回り出す。完全にサバ。
 
続けて行くもサバがフォール中にゴンゴン喰って来る。
  
 
  
サバの下にジグを入れられると、
20170503_001.jpg
ムツ捕獲。
 
しかし、これを続けるのはしんどい。
サバ3つをキープ、ムツが1つ獲れたので、真鯛狙いに変更。
 
 
深場を後にし、80mラインへ入ってみる。
PB名人からラインに「潮止まりのせい?か全くダメみたい」と書き込みが。
 
いやいや、まだ潮止まって無いって。 
 
 
しばし反応を探して、これはイケそうってが見つかる。
着底後にコツコツと来る。構わず巻いて何かが掛かるも軽い?
何だかわからないので、そのまま巻き続けると突然走る。
???
引きは真鯛だったので、真鯛だと思うけど、フッキングまでが
今まで感じた事が無いパターンだった。
 
 
上がって来たのは
20170503_002.jpg
 
20170503_003.jpg
50弱の真鯛。紅牙TWのシェイクダウン完了。
 
 
脳髄破壊し、血管を切断後、ネットに入れて海に浸ける。
血が抜けてから神経〆してクーラーへ。
その間、魚探に出る反応は相変わらず良い感じでした。
やっぱりタイミングは重要か。
 
他のエリアも見ておきたいので離脱。
 
 
近場の沖で良さそうな反応を見つけたので探っていると、
最近足漕ぎ式カヤックを導入したHさんと司令塔Sさん登場。
 
「お、ここ良い反応あるね。」とつぶやき、鯛ラバ投入、しばらくした後に
「乗った、けど小さい」
って釣るんかい!
何か、以前もこんな光景を目にした記憶が・・・
 
20170503_004.jpg
 
 
20170503_005.jpg
 
 
20170503_006.jpg
 
富士山をバックに良い画が撮れましたよ。
 
 
さて帰るか。
 
 
 
 

タグボートみたいな曳き波を立ててるボート発見。
20170503_007.jpg
 
 
 
  
岸近くで、最近シットインカヤックを導入したOさん発見。
20170503_008.jpg
 
20170503_009.jpg
かっこいい
 
 
 
上がってから海希丸さんに話を聞くと、私が深場を離れた後で
良型アカムツやムツを複数捕獲したとの事。
ありゃ、私の今回の行動は裏目った感じか・・・

まぁ、ゲスト用の食材確保できたし良しとしましょう。
 
 
 

土曜日出たいけど、復路の渋滞が怖い。
連休中はこの日が最初で最後って事になるかな。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 釣行記録(駿河湾) ブログトップ