So-net無料ブログ作成
検索選択
釣行記録(駿河湾) ブログトップ
前の10件 | -

5月20日(土)落とし込み [釣行記録(駿河湾)]

  
前日に急な仕事の依頼が入り残業。
睡眠不足でジギングは億劫なので、
近場で落とし込み調査する事にして現地へ。
 
先週好調だったからか、朝一から饒舌な小将。
海快丸さんや大心丸さん相手に講釈垂れてるし。
出る前からそんなに調子に乗って大丈夫なのでしょうか?
 
 
 
 
ほぼ最後尾で出船。
先週入ったエリアに向かうと、前方から小将接近。
「ベイトが居ません!(焦)」
「来る途中の○○根のところでベイトをちょっと見たので、そっちに回ってみます!」と。
引き波バリバリで去って行った。 
 
 
目的の海域到着。
確かにベイト居ないね。
方々を見て回るもベイトの群れを発見できず。
真鯛っぽい単体の反応は出るけど、これを狙って獲るの難しそうなのでパス。
 
 
引き続きベイト探し。 
 
 
しばらくたってから、小さいし移動も早いけどイワシの群れを発見。
 
ベイトが居ない!と言っていた小将に電話。
ちょっと離れた位置にいたようだけど、すぐにこっちに来るとの事。
 
 
小将到着。
群れは居るには居るけど、小さいし速いってのを説明。
しばらくすると、第二大将丸のエース(小将では無い)が
ロッドを曲げてる。おぉ、さすがにやるねぇ。
しかし、惜しくもフックアウト。
 
 
こっちも細かく移動しつつベイトを掛けてボトムへ送り込む。 
ベイトが付いて落とすとすぐに大型魚からの反応はあるが、
喰い込まない。
 
20170520_001.jpg
前回よりもベイトが大きいのが原因か?
 
ヒラメの歯型が残ってるのもあるので、バイトが来たら、
完全に持って行くまで待ってみる事にする。
それで居なくなっちゃたら、潔く諦めるって事で。
 
バイト出たのでクラッチ切って張らず緩めずでしばし放置。
 
相当待ってから、もう良いやってんで合わせくれると、
・・・。
真鯛っぽいんですが。
 
20170520_002.jpg
 
20170520_003.jpg
非常にきれいな50UP捕獲。
 
 
引き続き探って行くと、一発ガツンと来て終了。
回収すると、フックの根元付近から切れてた。真鯛か?

その後、ヒラメっぽいバイトが2発でるも両方スカで終了。
 
 
 
ちょっと難しい状況だったけど、これはこれで面白いモンです。
 
 
ちなみに小将は落とし込みでの釣果は無しだったそうです・・・。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月14日(日)落とし込み 第二大将丸 [釣行記録(駿河湾)]

 
土曜日は天候悪く出船不可。
 
日曜日(今日)は昼前から風が吹く予報。
深場は諦め、近い所で鯛ラバと落とし込み。
 
うーん、だったら小将のボートに乗せてもらって
近場の落とし込みでもやってみるかな?と打診。
乗船OKの話をもらうも、なぜか操船は私って話に。
 
は?
 
 
鯛ラバと落とし込み用のタックル(と言っても鯛ラバの硬めのやつですが)を積み
不本意ながら第二大将丸を操船する事に。
 
まずボートの上が乱雑。
絶対に使わないであろう道具とか備品を積む必要は無いだろうに・・・。
ナイフやフィッシュグリップ、バケツやウェス、柄杓が散乱してるし。
狭い船上なので、もうちょっと整理した方が良いと思いますよ。
足元に転がってた道具類を片付けて今日の仕事場を確保し出船。
 
目星を付けてたエリアに入るとポツポツとベイトの反応はある。
けど、ちょっと違う感じ。
これは方々を探し拾って行くのがベターな感じかなぁ。
 
ところどころで真鯛っぽい単独の反応が出るので、
鯛ラバを通して見るも反応無し。
ならば鯛ラバは封印し、ベイト探しに注力って事で。
 
 
 
探しつつ落として行く。
良い感じでベイトが付き、そのまま落としてすぐにドンって
理想のパターンを得る事に成功。
 
 
 
20170514_001.jpg
本人はヒラメ、ヒラメと連呼してましたが、
すぐに叩く動きを感じて真鯛確定。
 
 
 
20170514_002.jpg
本命(?)ヒラメ登場
 
 
 
20170514_003.jpg
真鯛追加
 
 
 
20170514_004.jpg
今日一の引き込み!
 
 
 
20170514_005.jpg
60UP捕獲!!
 
 
 
自分の画像が全く無いですが、40UP真鯛1つ、50弱ヒラメ2つと40UPヒラメ1つ、
40UPハタとサバも獲れました。
朝一にバラした恐らくヒラメがかなりのサイズだったと思われ、
それが獲れなかったのが残念・・・。
 
 
ベイトの反応はそこかしこで出てますが、その下で喰うかどうかの判断が難しい。
 
今回は上手くはまり、ベイトを見つける→先回りする→すぐに落とす→
ベイトが付く→そのまま落とす→すぐにドンで釣果を得る事が出来ました。
 
探すのが一苦労で、釣ってるより探してる方が永いのがちょっとですが、
ベイトさえ付いてしまえば、すぐにバイトは得られたので、
ゲストも満足の行く釣りだったようです。
(操船者としての責務は果たせました。)
 
 
ボートが少ないと自分のやり方でも通用しますが、
船団になってるような場所でしか獲れないって状況になるとお手上げです・・・。
 
ベイトとなるイワシ(今回は背黒かな?)が10cm前後だったので
一番扱い易いサイズだったのも好釣果の要因の一つかな。
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月7日(日)鯛ラバ [釣行記録(駿河湾)]

連休最終日の釣行。
 
土曜日の交通状況見て、たいしたこと無かったので
日曜日に行く事に決定。
 
 
昼前から風が上がって来る予報だったので、
深場は行かず、近場で鯛ラバとベイト反応を探してジグで探る。

ポツポツ反応を粘って獲るってスタイルを強いられるかんじだけど、
今日はしょうがないので諦めて粘ってみる。
 
やっとこさ喰って来たのは
20170507_001.jpg
 
20170507_002.jpg
 
20170507_003.jpg
 
50弱の真鯛。
 
 
後半でジグってたら大き目のサバ(画像無し)
 
 

 
 
落とし込みで好調のメンバーも居たので、次回は落とし込みやってみるかな。
 
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月3日(水) 紅牙 TW 4.9L-RM [釣行記録(駿河湾)]

 
前回は前半の鯛ラバが不発だったので、今回は順番を変えて
ジグやってから鯛ラバってプラン。
 
翌日親戚が集まるとの事なので、何らかの魚を獲って提供したいところ。
 
 
 
5時過ぎに出船。
20170503_000.jpg
 
 
寄り道的に途中の70~80mの反応を見て行くも、
前回と同じような感じなので、粘らずに沖へ出る。 
 
 
到着しスパンカーを広げてると海希丸さんがやってくる。
真鯛1つ獲ったので深場に来ましたとの事。
それは良い流れですね。
私は深場で何か獲ったら後半で真鯛追っ掛けるプランを考えてたけど
逆の方が良かったかなぁ・・・。
 
 
 
水深170mあたりから流す。反応はポツポツ出てるが喰わない。
 
230mまで移動。200mあたりに何らかの反応。
フォールでジグが止まる。きたかムツ系?
引き方が違う・・・サバっぽい。
 
ブルブルした引きと、残り10m程で回り出す。完全にサバ。
 
続けて行くもサバがフォール中にゴンゴン喰って来る。
  
 
  
サバの下にジグを入れられると、
20170503_001.jpg
ムツ捕獲。
 
しかし、これを続けるのはしんどい。
サバ3つをキープ、ムツが1つ獲れたので、真鯛狙いに変更。
 
 
深場を後にし、80mラインへ入ってみる。
PB名人からラインに「潮止まりのせい?か全くダメみたい」と書き込みが。
 
いやいや、まだ潮止まって無いって。 
 
 
しばし反応を探して、これはイケそうってが見つかる。
着底後にコツコツと来る。構わず巻いて何かが掛かるも軽い?
何だかわからないので、そのまま巻き続けると突然走る。
???
引きは真鯛だったので、真鯛だと思うけど、フッキングまでが
今まで感じた事が無いパターンだった。
 
 
上がって来たのは
20170503_002.jpg
 
20170503_003.jpg
50弱の真鯛。紅牙TWのシェイクダウン完了。
 
 
脳髄破壊し、血管を切断後、ネットに入れて海に浸ける。
血が抜けてから神経〆してクーラーへ。
その間、魚探に出る反応は相変わらず良い感じでした。
やっぱりタイミングは重要か。
 
他のエリアも見ておきたいので離脱。
 
 
近場の沖で良さそうな反応を見つけたので探っていると、
最近足漕ぎ式カヤックを導入したHさんと司令塔Sさん登場。
 
「お、ここ良い反応あるね。」とつぶやき、鯛ラバ投入、しばらくした後に
「乗った、けど小さい」
って釣るんかい!
何か、以前もこんな光景を目にした記憶が・・・
 
20170503_004.jpg
 
 
20170503_005.jpg
 
 
20170503_006.jpg
 
富士山をバックに良い画が撮れましたよ。
 
 
さて帰るか。
 
 
 
 

タグボートみたいな曳き波を立ててるボート発見。
20170503_007.jpg
 
 
 
  
岸近くで、最近シットインカヤックを導入したOさん発見。
20170503_008.jpg
 
20170503_009.jpg
かっこいい
 
 
 
上がってから海希丸さんに話を聞くと、私が深場を離れた後で
良型アカムツやムツを複数捕獲したとの事。
ありゃ、私の今回の行動は裏目った感じか・・・

まぁ、ゲスト用の食材確保できたし良しとしましょう。
 
 
 

土曜日出たいけど、復路の渋滞が怖い。
連休中はこの日が最初で最後って事になるかな。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

4月30日(日)不発 [釣行記録(駿河湾)]

 
ユメカサゴ2つで終了。
 
土曜日は9時頃から吹く予報だったのでパスし、日曜日出船。
 
 
近場の真鯛反応は割と多くのエリアで見つけられるが、
鯛ラバでもジグでも喰ってこない。
 
やや南のエリアに移動。
ベイトの反応は多く見られるが、大型魚の反応は無し。
 
島周りを1周して反応を見つつ、ここ最近マリーナメンバーに
人気のエリアに入る。近場の反応と似たような感じ。
 
小将が真鯛1枚獲ったとの事。
確かにポツリポツリと反応は見られる。
この反応で喰わせるのは無理と判断し
やや深場に行ってみる。
 
  
入りたいエリアにボート多め。
他のエリアを探るも反応はパッとしない。
ユメカサゴ2つで終了。
  
 
リールの比較をしたかったので、鯛ラバに充てる時間を
多めにしてみたけど、残念な結果に・・・。
 
20170430_003.jpg
 
20170430_001.jpg
 
20170430_002.jpg
 
新リールのシェイクダウンは次回持ち越し。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

4月22日(土)ジギング [釣行記録(駿河湾)]

 
ドットパターンの実戦投入。
 
 
朝一、Hさんが「今日来客があるので、魚が欲しい。
自力でダメだった場合は、協力を請う。」との事。
 
じゃあ深場で何か獲れたら進呈って事で出船。
  
 
途中の浅い場所で、真鯛単体の反応がポツポツ。
少しジグでやってみるもバイト無し。
 
130mへ一気に移動。

スポットグローを施したTGの150gから開始。
 
着底前のフォール中にコツっとバイト
 
20170422_001.jpg
ムツ捕獲。結構良いサイズ。
 
 
 
20170422_002.jpg 
ケイムラのコーティングが怪しく光る。良い感じ。
 
 
 
  
続けて、ボトム取っちゃったら、案の定
20170422_003.jpg
これを如何に避けられるようにするかが課題。
 
 
 
 
ボトム取らずに続行。
ステイでゴンっとちょっと大きめのバイト。
アカムツ?
 
しばらく巻くとグイグイ引くのでアカムツか?
 
やや速めに一定で巻き上げる。
途中での引きが無い。ムツのようだ。
 
残り10mでガクガクと動く。
ん?まさかアカムツ?と思ったら外れた。
あちゃー。

もしムツならあの速度で上げて来てるから
浮かんでくるかも?
周囲に目を凝らすと、右舷前方にムツ浮上。
ほんとに浮かんできたよ。

掬い取り無事(?)捕獲。さっきのよりデカイし・・・。
20170422_004.jpg
周りに鳥がいなくて良かった・・・。
 
 
20170422_100.jpg
この状態だったから浮かんできたようで。
 
 
 
そこかしこに、色んな反応がある。
ジグはそのままで探ってみる。
 
 
 
ボトムから15mほど浮いてパラパラした反応は
20170422_005.jpg
シロムツ 3つ獲って一番大きいのを1つキープ
 
 
 
ボトムから10mあたりに帯状に出ると
20170422_006.jpg
ムツ
 
 
 
帯が切れてパラパラと出ると
20170422_008.jpg
やっぱりムツ
 
 
 
なかなか面白い。5匹獲って深場から離脱。
 
 
最後に浅場の反応を見て回る。 
真鯛っぽい単体での反応が先週よりも多くのエリアで
見られるようになって来た感じがする。
 
 
 
魚が必要だと言っていたHさん、自船の釣果はアマダイとエソ。
 
真鯛とホウボウがメンバーから贈られた様子。

お客さん来るなら多くの種類があった方が楽しいでしょうって事で
一番大きいムツとシロムツを進呈。
 
 
 
来週はアカムツ狙ってもうちょっと深い200mあたりを探るのと、
オニカサゴ狙いで100m界隈を探ってみよう。
 
 
 
 
 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

4月16日(日) ジギング [釣行記録(駿河湾)]

 
土曜日は天気が悪く出船不可。
ちょっと遅くなっちゃったけど、車の1カ月点検を済ませる。
 
 
翌日曜日、9時頃から南西風が上がって来る予報だったので、
10時帰着でGO。
 
 
久々の良い天気で多くのボートが浮かんでいる。
 
20170416_001.jpg
不審船発見。
 
 
「結構良い反応ですよ!」との事でしたが、
私が苦手とする反応の出方なんだな、これが・・・。
 
ちょっと深い80mあたりでそこそこの反応を見つけたので
ハイピッチのジャークでしばし探る。
 
カツンカツンとバイトは出るので都度合わせてみるも掛からない。
やっとこさ掛けたやつは結構良い引き。
 
とは言えジグロッドでPE#1+フロロ6号なので強気にやり取りし
 
20170416_002.jpg
60UPの♂ ※帰着後計測65cm
 
20170416_003.jpg
ジグはTGの80g ピンクゴールド
 
 
よし、離脱。深場へ移動。
 
 
150mあたりで良い反応を見つけたので150gのTG入れると
フォールで
20170416_004.jpg
ムツ捕獲。
 
 
フォールで喰うならと2wayのTOUGH170gにして
ボトム取っちゃったら・・・
20170416_006.jpg
いや、狙いは君じゃない・・・
 
 
気を取り直して、フォールでボトムを取らずに探ると
20170416_005.jpg
よし、狙い通りムツ捕獲
 
これが正解?と同じようなやり方で探るも、ユメカサゴ喰って来るし・・・
 
 
もう一匹ムツ追加したところで、戻る事にする。
 
最後に近場を探るもやっぱり反応はパラパラでうーんって感じ。
 


 
20170416_007.jpg
富士山の雪がだいぶ薄くなってきました。
 
この日は途中からジャケット脱いで半袖でできるくらいの陽気。
日の出も早くなって来て、段々良い季節になってきました。
 
 
あ、またCS使うの忘れてた。
次回こそ と言いつつ、既に別の試したい事もあるし・・・
 
今週末も出られると良いなぁ。
 
 
 
 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

4月2日(日)ジギング+食す [釣行記録(駿河湾)]

 
土曜日は天候悪く、翌日の日曜日に出船。
 
やや風とウネリがあるので、近場を探るもパッとせず。
少し凪いできたので沖に出て反応探すも、パラパラ。
 
超小さいバイトで上がって来たユメカサゴ・・・
似たようなサイズを追加し、深場は諦める。
 
近場に戻るも、この反応で粘るのは自分には厳しい・・・
 
フト見ると、不審船。
近付くと、わざとらしくスタンディングファイト開始し、
釣れてるぞ!をアピール。 小賢しい・・・
 
イラっとしたので、直前で転針し引き波をぶち当てる。
 
  
20170402_001.jpg
良いサイズの真鯛
 
 
 
20170402_002.jpg
誰?
 
 
この後も探って、結局3枚獲って帰って来た。ボウズ記録ストップか。残念。
 
 
 
付近を探るもパッとせず。
しばらくすると、海上保安庁登場。
 
大心丸さんが、免許証と書類の提示を求められている(通称「臨検」)
20170402_003.jpg

あまり近付き過ぎると、藪蛇でこっちも受ける可能性あったので
ちょっと遠めからズームで撮影。
 
って、気を使ったのに、この後私も受けました・・・。
沼津に浮かんで5年目ですが、初の臨検でした。
保安官の一人が横浜勤務だか、横浜に居たって話で
東京湾ネタでしばし雑談。
 
保安官:「先ほどの青白のボートの方はお知り合いですか?」
私:「そうですよ。同じマリーナに置いてます。」
保安官:「あぁ、じゃあ沼津マリーナですか。」
私:「は?いやいや、沼津セイリングスポットですが。」
保安官「あぁ、そうでしたか。」

??? 大心丸さん、何をしゃべったんだろうか?
 
書類を戻してもらい、終了。
帰着時間が迫っていたので、今回はここまで。
 
 
 
戻って大心丸さんに話を聞くと、テンパって「沼津マリーナに置いています。」
みたいな事を言ったらしい。
そうゆう事でしたか。納得。
 
 
 
ボウズ記録をストップした小将から真鯛を1枚もらう事に。
以前「複数獲れたらくださいね。」って話をしてたのがやっと実現しました。

私に魚を渡すところの証拠写真の撮影をKASARI丸さんにねだる小将。
 
20170402_004.jpg
 
KASARI丸さんが撮影した画を見て、
小将が私のクーラーBOXから魚を盗んでるようにも見えますよね。って話に。
 
普段が普段だけに、この画をパッと見たマリーナメンバーは
「あぁ、またもらってるよ。」って感じですかね。
   
私に真鯛を進呈した事をマリーナのヤードで連呼してたのが印象的でした。
普段人からもらってばっかりですが、今回は人にあげるって事で
強烈にアピールしてたようです・・・。
 
 
 
 
いただいた真鯛は
 
20170403_001.jpg
湯引きと刺身 ややサッパリした味わいでした。
血抜きが不十分だったのが残念です・・・。
 
 
 
白子が入っていたので
20170403_002.jpg
表面を軽く焼いて塩と山椒 これ、なかなか面白い味でした。
  
 
20170403_003.jpg
軽く湯掻いてポン酢 こっちは定番?想像通りでした。
 
 
 
20170403_004.jpg
カマは塩焼きに
 
 
何れも美味しくいただきました、ありがとうございました。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

3月25日(土)ジギング [釣行記録(駿河湾)]

 
 
今回も中深海の手前でやる事にして出船。
 
 
途中の浅い場所で、もっか3回連続PBの小将が
「ベイト多いです!何かいます!」
「でも、先週もこのベイトの反応で何も喰わなかったんですよね・・・。
1時間くらいロスしちゃいました。ははは。[わーい(嬉しい顔)]

「ははは」じゃ無いでしょ。
だったら見切って他を撃たんかい。
 
 

110~150mあたりを広く探る。
 
 
まずは150m近辺から、TGの150gから入れてみるとムツがヒット。
 
3匹目が掛かった時の回収中、100mあたりを過ぎたところで
ガクガクと変な感触。
 
何かが喰ったけど大型魚では無い感じ。
上がって来たのを見て納得。
 
20170325_001.jpg 
 
前のフックにムツ、後ろのフックにサバって・・・
 
前回はユメカサゴ+真鯛、今回はムツ+サバ、
このジグは何か持っているのでしょうか。
 
 
さらにアカムツも(画像無し)
 
 
 
 
120mのあたりに移動。
気分を変えてジグチェンジ。
久々にスティンガーバタフライのウイングを入れてみると
フォールでバイト。

上がって来たのは
 
20170325_002.jpg
 
ムツ
 
 
 
さらにボトム切ってすぐに重めのバイト
 
20170325_003.jpg
 
カサゴ
 

 
 

その後、明らかにアカムツっぽいバイトが出るも
途中で外れる。
 
だー、またやっちまった。
もうちょい探るかと思ったところで、南の風が吹き出す。
やってやれない事は無いけど、面白くないので戻る事に。
 
20170325_004.jpg 
 
 
 
 
終わってから気付いたけど、先日買った
CSの重いモデル使うの忘れてた・・・。
 
次回に持ち越しって事で。
 
 
 
あ、ちなみに小将、今回もPBで帰着。
絶賛ボウズ記録更新中です。[わーい(嬉しい顔)]
 
 
 
 
 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

MISSION COMPLETE [釣行記録(駿河湾)]


明日はマリーナでBBQって事で今回は食材確保の釣行。
獲れた魚は寿司屋さんの手によって料理に変わる。 

うーん、真鯛は誰かしら獲って来るだろうから、違う魚の方が良いか。
でも、今年はまだ真鯛を獲っていないので、そろそろ獲っておきたいし・・・。
 
悩みつつジグロッド2本とタイラバロッド2本を積んで出船。
 
近場から南のエリアまで反応を探して行く。
ベイトは多目で見つかるが、単体の反応が見つけられない。
 
ここ最近、入っていない40mエリアでちょっとマシな反応が出たので
鯛ラバを落として見ると・・・
 
20170318_001.jpg
 
リリース
 
 
 
こりゃダメだ。大きく移動し中深海の手前へ。
 
 
 
 
150m付近。イマイチ反応が薄い。地形だけを頼りにジグでボトムを叩くと
フォールでゴツンとバイト。
 
20170318_002.jpg
 
よし、キープ。
 
 
 
続けて探って行くと。軽ーいバイトでユメカサゴ。(※画像無し)
 
 
 
うーん、なんか違う。
 
 
 
 
でも今更他のエリアに入るのは無理なので、
この界隈を探って行く。
 
 
140m付近。またしてもプルプルとした軽いバイト。
またユメカサゴだ。回収!とロッドをあおり巻き出した瞬間に
ガツンと何かがバイト。
 
は?
 
走らないけど力強く泳ぐ。
何が掛かったのか?と思って直ぐに真鯛のような引きを感じる。
真鯛?まさかこの水深は無いだろう?でも引きは明らかに真鯛。
そこそこのサイズっぽい。
 
ジグロッドなので、やや強引に巻き続け、上がって来たのは
 
20170318_003.jpg
 
おいおい、ほんとに真鯛だったよ。
 
20170318_004.jpg
 
60クラスの太い個体でした。
 
 
ジグのフロントに小さいユメカサゴ、テールのフックに真鯛って・・・。
 
20170318_005.jpg
 
 
KASARI丸さんが画像を撮ってくれました。
20170318_006.jpg
ありがとうございます。
 
 

ユメカサゴを喰いに真鯛が来たのかな?
確かにひと口サイズのユメカサゴだけど、
ユメカサゴは無傷っぽく見えたんだよなぁ・・・。
 
※帰宅して画像を拡大してみると、ユメカサゴが
けっこうボロボロになってるっぽい。
って事はユメカサゴを喰いに来たって事か。
 
意味が分からないけど、これは完全に事故った感じ。
 
そうは言っても今年初の真鯛だし、明日の食材としては申し分無いって事で
血抜き→脳髄〆→神経〆の3コンボでクーラーBOXへ。
 
しばらく魚探の反応見てると、真鯛っぽい単体の反応が出ては消える。
うーん、やっぱりこの水深に普通に居るのか。
 
確かに生息域的にはこの水深で釣れてもおかしくはない。
九州では200mを鯛ラバで狙うなんて話も聞くし。
でもこれを狙って、釣りをする気は起きないし、今後もやろうとは思わないな。
 
 
今回も面白い発見があった釣行でした。
  
 
 
他のメンバーも各種捕獲して、寿司屋さんに食材の持ち込み完了。
明日の料理が楽しみです。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 釣行記録(駿河湾) ブログトップ