So-net無料ブログ作成
検索選択

アシストフック備忘録 [タックル全般]

 
バイスを使ってスレッドで巻きつける場合の備忘録
 

今回使った材料
 フック:ダイワ ソルティガ ライトアシストSS #1/0
 アシスト:オーナー パワーフレックス ワイヤーコア90lb
 スレッド:YGK G-soul X4 Upgrade 0.8号 (使い古しのPEラインを転用)
 リング:オーナー ソリッドリング 4号
 スプリットリング:オーナー スプリットリングハイパーワイヤー 4号
 熱収縮チューブ:SUMITOMO SUMITUBE Φ2.5 
 

 
 
  
20170823_001.jpg
メタルジグの長さを測る
 
 
20170823_002.jpg
メタルジグの全長(今回のは120mm)-10mm
=110mmでアシストラインをカット
終端をライターで炙って焼き玉を作る(ホツレ防止)
 
 
 
20170823_003.jpg
 
20170823_004.jpg
チモトからフトコロに向かって10mm程度を密に巻く。
 
 
 
20170823_005.jpg
折り返して粗に巻き返し(アシストの喰い付きを良くするため)
チモトそばでハーフヒッチ1回。
 
 
 
アシストを置いてチモト→フトコロ→
フトコロ→チモトに密に巻き、エンドノット(ここではハーフヒッチ2回)
20170823_006.jpg
スレッドを切って、瞬間接着剤かヘッドセメントで固定。
 
 
 
20170823_007.jpg
熱収縮チューブを10mmに切る
 
 
 
20170823_008.jpg
スレッドを巻いた部分に被せ炙って固定
 
 
 
両端同様の処理をする
20170823_009.jpg
アシストの自由長は90mm
 
 
 
ソリッドリングに結ぶ
20170823_010.jpg
アシストの長さは30mmに
 
 
 
20170823_011.jpg
 
20170823_012.jpg
前後のフックが絡まない長さで完成
 
 
 
ちなみにアシストを100mmにすると
20170823_013.jpg
ちょっと短い
 
 

並べると・・・
20170823_014.jpg 
上110mm 下100mm
 
 
 
ポイント
ジグの長さから10mm引いた長さでアシストをカットするとおおむね良好。
その時、フックに巻きつける部分の長さは約10mm(8~10mm)がベター。
 
※フックのサイズやリングのサイズによっては
 アシストの長さを変える必要あり。微調整が必要。
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。