So-net無料ブログ作成

リールの糸巻き量 [ロッド・リール関連]

 
色々調べてみた結果、面白い事(?)が分かりました。
 
メーカーのカタログ値の号数と糸巻き量を基に
巻きたい号数の糸巻き量が分かるみたいです。

「号数×糸巻き量」で求められる数字が、1号で巻ける量の
ニアリーであるようです。
 
要はカタログスペックで3号を400m巻けると記載がある場合、
3×400=1200となり、この数字が1号で巻ける量だそうで。
 
そのリールに1.2号を巻きたい場合は
1200÷1.2=1000 となるので1000m巻けるって事です。
 
 
 
ちなみにオシアジガー1500は・・・
2号500m 2.5号400m 3号320mなので
1000 1000 960となり
1000÷1.5=666.66666
960÷1.5=640  なので1.5号が640~666mは入るって事です。
 
実際にこのリールに1.5号を600m入れてる人は多いと思います。
 
 
 
オシアジガーの1000は・・・
2号300m 2.5号230m 3号200mなので
600 575 600となり
600÷1=600
575÷1=575  なので1号が575~600mは入るって事です。
 
ちなみに私の1001には下巻きを少しして
スーパーファイヤーラインの1号が500m入ってます。
近いうちに下巻き無しで600mを入れるつもりです。
 
 
あくまで計算値なので、巻き取り時のテンションが緩いと
計算値よりも少なくなる場合もありますし、
メーカーによって糸の太さが異なる事もあるので
計算値に対して上下する場合もあります。
 
あくまで目安としてって話ですが、知っておくと便利かと。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。