So-net無料ブログ作成

10月22日(土)奥駿河湾 中深海ジギング五目 [釣行記録(駿河湾)]

 
凪の予報だったので中深海の準備をして現地へ。
 
南寄りの風が吹いてて、ウネリも入ってる・・・。
まぁ行ってダメなら戻ろうって事で6:30出船。
 
20161022_001.jpg
 
 
 
 
台風の後のような周期の大きいウネリがあって
風もそこそこ吹いてる。
 
スパンカー張って、前進入れてデッドで丁度釣り合う感じ。
減速機(トローラー)を外しちゃってるので、かえってこの程度の押され具合の方が
調整が要らないからやり易い。
 
160mからスタート。250gのセミロングを入れてみる。
 
フォールで軽いバイト。
上がって来たのは、なんだこりゃ?初めて見る魚だ。
20161022_002.jpg 
画像と共にラインで問い合わせると、
YZさんから「ギンメダイと思われます。」との返事が。
そんなの居るんですか。
 
 
徐々に深い方に移動しつつ探る。
 
 
240mライン。うまいことボートが立ってるので、
ジグのウエイト下げてもイケそうな感じ。
150gのタングステンを入れてみる。
 
100m過ぎたあたりでフォールが止まる。
合わせると何か乗ったけど、全く引かない。
タチウオ?
魚探見ると、100m辺りに何かの反応あり。
 
巻き続けても引かないからこれはタチウオでは無いな。
で、上がって来たのは何と、
20161022_003.jpg
チカメキントキ。これも初物。
 
 
ボトム付近にも何やら反応が出始めたので、
そのまま150gで継続。
着底に時間はかかるが、流されてる量は少ない状態で着底。
 
着底とほぼ同時にバイト。
この引き方は・・・
20161022_004.jpg
やっぱりスルメイカだった。結構良いサイズ。
 
 
ジップロックに入れてクーラーボックスに放り込もうとしたら、
小指の先に痛みが走る。スルメに噛みつかれて出血・・・。
 
これがイカの反応だとすると、結構大きな群れ?
その後2回、似たようなバイトが出るが掛けられず。
 
 
 
移動しようとジグを回収中にまたしても100mあたりで引き込むようなバイト。
「巻きながらの釣り=鯛ラバ」が身に染みついてしまってたようで
合わせを入れる事無くそのまま巻き続けてしまいバラす。
直ぐにフォールを入れるとバイト。今度は大きく合わせたつもりが
しばらくすると外れる・・・。
何だかわからんので、フックの状態確認するために一旦回収。
ジグとラインを見ると、歯物の痕跡が。タチウオか?
  
ジグを入れ100m辺りを重点的に探ると、バイトが出る。
引き方からするとタチウオ。
 
上がって来たのはやっぱり
20161022_005.jpg
今シーズン初のタチウオ。まさかのエリアで獲れた。
 
 
群れは小さい(反応がポツポツしか出ない)ようだけど、
しばしこの反応を探し、もう1匹追加。
 
このままTGのジグを使い続ける勇気は自分には無いので、
鉛の150gに切り換えて探って行くもバイト無し。
 
 
宙層の反応がしょんぼりな感じになったので、
150gのTGへ変更しボトム狙いに戻して探って行くもパッとせず。
 
そろそろ近場に戻るかって時にステイでコツっとバイト。
バイトも引きも弱く上がって来たのは
20161022_006.jpg
シロムツ。
 
良い区切りと判断し、戻る事に。
 
 
 
途中何箇所かちょっとした変化のある面白い地形があったので
次回以降調査予定。
 
 
 
 
 
帰宅してクーラーボックスを洗っていると・・・
20161022_007.jpg
タコ発見。
 
 
 
更にこのタコ、
20161022_008.jpg
まさかの煮付けに。
誰が食べるんでしょうか・・・。
 
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。