So-net無料ブログ作成
検索選択

フッ素系フック [タックル全般]

 
とある師匠から相談を受けたので、参考に情報を掲載。
 
 
在庫しているフッ素系のフックを並べてみた。
20151027_001.jpg
 
 
 
左から順に・・・
  
 
オーナー(カルティバ) ジガーライトマダイ早掛 10号
20151027_003.jpg 
 
 20151027_004.jpg
 
 
 

がまかつ チヌR 6号と5号
20151027_005.jpg
 
20151027_008.jpg
 
20151027_007.jpg
 
 
 
 
ダイワ 紅牙フックSS S
20151027_009.jpg

20151027_010.jpg
 
 
 
 
がまかつ ナノチヌ筏 5号
20151027_011.jpg
 
20151027_012.jpg
 
 
 
 
ハヤブサ マイスターフック M
20151027_013.jpg
 
20151027_014.jpg
 
 
 
 
チモトの大きさは・・・
20151027_002.jpg
・・・こんな感じ。
 
 
 
 
大きい方から順に・・・
 
ハヤブサマイスターフック

オーナージガーライトマダイ

ダイワ 紅牙SS

がまかつ チヌR

がまかつ ナノチヌ筏
 
餌用のフックはもともとナイロンやフロロの使用が前提なので
チモトは小さめと思われる。
一方タイラバ専用としてリリースされている、ジガーライトマダイ、マイスターフック、
及び紅牙SSはシーハンター等のラインの使用を考慮してか
チモトは大きめに作られているように見える。
 
※手持ちのフックでの比較であるため、サイズがバラバラ。
 似たようなサイズの場合ちょっと違うかも?
 
 
ちなみに私は今のところナノチヌ筏5号/チヌRの5号を多用。
ただナノチヌ筏は売ってる店が少なく、チヌRは4号以下はよく見るが、
5号と6号を置いてる店は少ない。
入手のしやすさでは紅牙SSが一番かなぁ?
 
マイスターフックは鯛ラバ用としては恐らく初の
アウトバーブを採用。シェイプ的にも良さそうなので
なかなか面白そう。
 
 
フックやラインの話は非常にディープなので、
今回はこの辺で・・・。
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント