So-net無料ブログ作成
検索選択

鯛ラバヘッド比較 追記 [タックル全般]

 
まうすりんは形状的に違い過ぎるので、似たような5種の比較を。
(何れも60gです。)
 
20150607_100.jpg
左からハイドラ(サンナーのタングステン丸ちゃんも同じです)
鯛レボ、ビンビン玉スライド、紅牙、VS
 
 
20150607_101.jpg
左3つはTG、右2つは鉛 VSデカイな・・・
 
 
 
 

20150607_102.jpg
ハイドラ
ごくオーソドックスな形状。
関門の鯛玉に似た感じです。
癖が無く非常に扱い易いです。 
 
 
 
20150607_103.jpg
鯛レボ
おむすび形。
沈下も速く、引き抵抗も少ない良いヘッドです。
 
 
 
20150607_104.jpg
ビンビン玉スライド
ハイドラを太らせた(幅を持たせた)感じです。
PTFEチューブはラインに優しいです。
太い分、引き抵抗は大き目。
 
 
 
20150607_105.jpg
紅牙
矢じりのような形状。
いまさら説明するまでも無い良いヘッドですね。
この形でタングステンを出してほしかった・・・。
 
 
 
20150607_106.jpg
VSヘッド
先日「VSヘッドは鯛レボに似てるかも」って書きましたが、
実際には紅牙に似てる感じです。
水を受ける部分が紅牙より太いので、引きの抵抗は大きいです。
その分振れの幅も大きく、ユニット全体を揺らすような動きが欲しい時は
有効だと思います。

ただ、紅牙の太い側を前にした時よりは振れの幅は小さいので、
だったら紅牙を使えば良いやって事になっちゃいそうです。
VSヘッドは紅牙よりも安いので、コストメリットはあります。
  


ユニットを紅牙の物を使った場合、ヘッドの振れは
「ハイドラ<ビンビン玉スライド<鯛レボ<紅牙(細)<VSヘッド<紅牙(太)」※
このような感じでした。

※紅牙は細い方を前にした時と、太い方を前にした時で
 振れの幅が異なるので、このような表記です。

 
ヘッドの振れを使わずにネクタイだけの揺れを出す事を狙う場合
(カーリーや凹凸などを使う場合)はハイドラやビンビン玉スライドを使い、
逆にヘッドを積極的に振らせて、その動きをネクタイにも伝えるって場合は
紅牙とかVSが良い感じ。
もちろん紅牙やVSにカーリーとか凹凸の組み合わせも有りです。

要はヘッドとユニットの組み合わせでどのように動かすかを
変更できるって事ですね。


「釣る」って事にだけ焦点を当てるならば、ヘッドは別になんでも良く
特にこだわる必要は無いと思います。

ただ、やってく上でヘッドの振れや、ネクタイの動き、
沈下速度、巻きの時の手元に伝わる抵抗感などを考え出すと、
「使い易いヘッド」は必ず存在する訳で。

遊動式のヘッドに関しては、今のところ私の場合はハイドラ、鯛レボ、紅牙
これらのローテーションで事足りそうです。
 
 
 

実際に自分で使ってみないと納得できないので性分なので、
今後も面白そうなものがあったら試して行こうと思います。

小将から「SLヘッド良いですよ!」と言われていますが、
あの形が好きになれないんですよね・・・。
 
今、気になってるのはヘッドでは無いのですが、
ヤマシタの「波動ベイト」って製品。
要はタコベイトをスカートにしてる感じの物です。

小将は「何かイマイチなんですよね~。」って言ってましたが、
チョビ丸さんやKASARI丸さんが使ってて、実績も十分なので、
試してみたいですね。
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント