So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

PC故障からの復旧 [その他]

 
釣りの話からは離れますが、備忘録として掲載。
 
 
この週末は雨で出船不可。
ステッカー製作の依頼が入っていたので、
ちょうど良いやって事でPC電源ONするも・・・
 
LED点灯、換気用のファンは回るものの
CPUファンが回らないし画面に一切の表示無し・・・
 
電源のON/OFFを試すも状況変わらず。
そもそもBIOSが起動しない。
 
 
うーむ・・・。
 
 
ひとまずケースを開けて、埃の除去と焼損が無いか、
コネクタの抜けが無いかを確認。
特に問題は無い。 

20171015_000.jpg 
 
さて深い所に入って行きますか・・・。
 
CMOSクリア→復帰せず。
 
バックアップのボタン電池を新品に交換→復帰せず。
 
メモリの端子を清掃しHDのコネクタも差し替え→復帰せず。
 
メモリ抜いて起動→ビープ音鳴らず。
 
うーむ、こうなると、マザボかグラボか電源か?
 
 
オンボードに接続してみるも復帰せず。
=グラボでは無いと判断。
 
 
電源を外してテスターであたると、
必要とされる電圧が来てないっぽい。
 
こりゃ電源か。コンデンサしんでる?
バラシてみるも、分かるわきゃねーし・・・。
交換だな。
 
 
  
自作PCなので対処療法で試して行くしかない。
マザボとグラボは信頼のASUSなので後にするとして、
ひとまず一番怪しい電源からだな。
 
システムが古いので、近所のPCショップで入手できる部品となると
電源とメモリまでっぽい。それ以上は秋葉原に行くしかないか。
 
費用の掛からない順に
電源→メモリ→マザボ→グラボで入れ替える作戦を取る。
 
 
近所のPCデポで手頃な価格の大陸製電源があったのでひとまず購入。
20171015_002.jpg
左のが新しく買ったやつ。右のが既存品。
部品は台湾製と明記されてたので、そこに頼る。
 
 
 
配線組み直し電源入れて・・・
20171015_001.jpg
無事復帰!!
  
ふう、投資は最小限で済んだ。
 
 
BIOS再設定、グラボのドライバ更新し完全復帰。
やれやれ。 
 
 
とは言え、この構成で7年経過、OSもサポート外だし、
CPUはPen4※Core2Duoの3.16GHzでした、
まぁ何れにせよ古いわな・・・
メモリも少ないので、そろそろ組み直しが必要かなぁ。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

サゴシ [食す!]

 
サゴシは・・・
 
 
 
20171008_100.jpg
炙りと炙りマヨネーズ
 
 
 
20171008_101.jpg
味噌漬け
 
 
 
20171008_102.jpg
吸い物
 
 
 
20171008_103.jpg 
イタリアン風で美味しくいただきました。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

二週まとめて [釣行記録(駿河湾)]

 
二週続けて
 
 
10月1日(日)
タチウオ調査→小さめのジグで遊ぶ。
 
先週10月1日はタチウオ不発で小さいジグで遊び、
マハタ1つ、エソやフグ多数、イトヨリ2つ
 
20171008_003.jpg 

イトヨリの一つはキーパーでしたが、これだけ持って帰ってもなぁって時に
近くに浮かんでたS13さんを発見したので、バケツに入れて海上補給へ。
 
 
 
30gとか40gのジグで浅場を叩くと結構バイト多く出ます。
ジグを操作して掛けるってのが分かり易く面白い。
 
 
使ってるジグは
 
20171008_002.jpg
 
メジャークラフトのジグパラシリーズ
 
TGはただ巻きがメイン、ショートはワンピッチかロングジャーク、
スローは飛ばしてフォールって感じで使ってます。
何れも動きが把握しやすく良いジグって印象。
 
 
 
 
 
翌週10月8日(日)
引き続きタチウオ調査から開始するもサゴシ1つ。
今年初の魚だったのでキープ。
 
 
その後、アオリイカ調査へ
 
浅場では小さいとの話が出ていたので、ちょっと深めの
30m近辺をティップランで探ってみましたが、小さい・・・
胴長10cm程度の新子が2つ。
船べりで持ち上げようかどうしようか迷ってたら
オートリリースで帰って行きました。
 
 
大分からは胴長20cmが釣れてるって情報が来てるってのに・・・。
20171008_300.jpg
 
 
 
 
結局この日はサゴシ1つを持ち帰り
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにこの日、大心丸に珍しいゲストが。
 
20171008_201.jpg
 
司令塔Sさんが乗船。
 
 
 
20171008_202.gif
フグ入れ喰ってましたけど、船長、その後どうだったんでしょうか?
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

敦賀のランカー [その他]

 
湖北の住人かずりんさんから衝撃の報告が。
 
20171008_001.jpg
 
鯛ラバで何と90cm!!
 
デカ過ぎます。貫禄を感じる魚体です。

 
 
 
ちなみにこの釣行時、置き竿にもヒットって・・・
 
詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓
 
かずりんのほぼ琵琶湖釣行記
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

日本酒の日 [その他]

 
釣りやボートのネタとは離れますが、関連が無い事も無い?
 
10月1日は日本酒の日
 
20170929_100.gif
 
1978年に日本酒造組合中央会が10月1日は日本酒の日と
定めたそうです。
  
https://kampai-sake.jp/main/index/
 
イマイチ理解に苦しむところもあります・・・
日本酒ダンスって・・・
 
 
まぁ、話のタネにって事で・・・
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ワイヤーリーダー直結検証の進捗 [タックル全般]

 
タチウオやサワラなど、いわゆる歯物でのリーダーの話です。

私は歯物が相手の場合、昨年まではPE0.8号~1.0号→フロロ5~6号→フロロ10号の
段差リーダーを取る構成でした。
これでも時々切られる程度だったので、あまりワイヤーリーダーの必要性を
感じていませんでしたが、「ワイヤーだと釣果が落ちる」ってのを
見聞きして「ホントかよ?」って思い、自身で試してみようって事になった次第です。
 
ある程度釣行を重ねたので進捗報告を・・・
 
 

歯物の釣りでよく言われているのが・・・

①ナイロンやフロロだと切られるけど、バイト数は多い。
②ワイヤーだと切られないがバイト数が落ちる。


対策の方向としては・・・

①の場合
・太いリーダーを使う
・ジグの操作で避ける
・切られるのはしょうがないので諦める(対策か?)
ってところでしょうか。
段差リーダーや巻き中心の操作なんてのが一般的かと。
 
②の場合
長さを替えるとか、スリーブのカシメに工夫するとか、
スナップやリングに一工夫ってのはありますが、
バイト数が落ちるのは止む無しってとこでしょうか。
 
 
「タチウオ ワイヤーリーダー」ってググってみると
ヒットして来るのはワイヤーの両端にスナップや
スイベルなどの金具を結束したタイプの物が殆どです。
 
これだと、一つの独立した部品って感じなので、
ラインシステムって括りでは無くなるので、
「リーダー」とは言えないように感じてしまいます・・・
 
当然ながら一つの部品ですので、それを意識した操作が出来れば
別段釣果が落ちるって事は無いようにも感じますが、
リーダーとは異なるので操作性に難有りってのが私の印象。
 
だったら、ナイロンやフロロのリーダーの操作性に近い状態で
ワイヤーリーダーが使えれば、自分の思ってるジグの動きを出せるはずだし、
バイトの数が落ちるってのは無いのでは?
ってとこに着目して、今年からこんな物を使い始めました。
 
20170929_001.jpg
GOSENの太刀魚用ハリスとダイワの太刀メタルです。
GOSENのはクリアのナイロンコーティング、
ダイワのはパープルのナイロンコーティングです。
 
価格はGOSENが600円前後に対し、ダイワは1200円前後です。
 
 
表面をナイロンで被覆しているので、切ってもバラけないし、
ノットを組む事が出来ます。
ただし、当然ながらワイヤーですから、複雑なノットには向きません。
 
 
私の場合、メインのPE0.8号の先にフロロの5号を1ヒロ取り、
その先に60cm程ワイヤーリーダーを結束しています。
フロロリーダーとワイヤーリーダーの締結は八の字結び、
ジグとの接続(プレスリングとの結束)はパロマーノットです。
 
使ってて別段気を使うような事も無いですし、結束の不安も今のところはありません。
比較的群れが小さく、反応がイマイチな状況でもタチウオは釣れたので
ワイヤーリーダーだからバイト数が少ないって印象は今のところは無いです。
 
何よりストレス無くジグの操作に集中できるってのは大きいので、
当面このシステムで運用して行きます。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

9月24日(日)の食材 [食す!]

 
って事で、24日の食材。
こっちは撮影多目なので一気に行きます。
 
 
20170924_003.jpg
F5のタチウオを・・・
  
 
三つ編みにして
20170924_006.jpg
塩とユズでソテーと蒲焼風
 
 
 
20170924_007.jpg
カンパといただいた鯵を手毬寿司に
 
 
 
20170924_008.jpg
タチウオとアジの骨煎餅
 
 

カンパ四連発
20170924_009.jpg
アラ煮
  
 
20170924_010.jpg
カルパッチョ風
 
 
20170924_011.jpg
バターソテーwithニンニク
  
 
20170924_012.jpg
リュウキュウのタレで漬け
 
 
 
20170924_013.jpg
タチウオ塩焼き
 
 
 
20170924_014.jpg
日本酒は沼田の「水芭蕉」と島根の「李白」
 
 
 
大変おいしゅうございました。
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

9月24日(日)ジギング 大心丸に乗船 [釣行記録(駿河湾)]


釣りしてる時の画像がほぼ無いので、簡易版でお届け。
 
たぶん近いうちに大心丸さんのブログで釣行の記事が
上がると思うので、そちらをご覧ください。
 
 
この日、日の出のちょい前に現地に入りましたが
既に皆さん準備完了で出ちゃってる・・・
ヤードで準備中の大心丸さんにお願いして同船させてもらう事に。
 
目指す海域に皆さん居るだろうと思い、入ってみるもUさんのボートしか居ない。
(後で聞いたら、朝一は反応悪く、早々に見切りをつけて皆さん散って行ったとの事。)
 
そんなことは知らない我々は、地道に反応を探す作業を繰り返し・・・
なかなか良い感じの反応を発見。
 
バイトは結構多いのですが、掛かっても直ぐ外れる事も多く苦戦。
壱丸さんは流石で、そんな状況でも確実に釣果を伸ばしてました。
 
苦戦しましたが、それでも船中釣果は真鯛、ソコイト、タチウオ、カンパチと
どうにか土産になる魚を確保。
 
大心丸さん、ありがとうございました。
 
 
20170924_002.jpg
 
 
 
帰着後、重鎮Mさんが鯵大漁で帰って来た。
持って帰ってよ、って事なので、鯵をいただきました。
ありがとうございます。
 
 
ちなみに小将はPBで帰着。
帰着後にジアイが来たようで、真鯛にソコイト、アジにイナダをゲットし
大喜びで帰って行きました・・・。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

1~2oz程度用アシストフック3種 [タックル全般]

 
カブラやテンヤで孫針に使ってる「小鯛(撞木)」で
アシストフックを作ってみた。
  
20170923_001.jpg
 
 
20170923_002.jpg
 
 
 
三種比較
20170923_003.jpg
一刀チヌ 伊勢尼 小鯛
 
 
細軸で刺さり重視の一刀チヌ、
太軸で強度重視の伊勢尼って使い分けてたけど、
小鯛も良いかもしれない。※実際小鯛でアシスト作ってる人多いみたいだし。
 
小鯛はシャンクが長いので根付けの距離を取れる。
=すっぽ抜けの率が下がる ように思う。
ジグの抱き込みも少ないかも?
フックポイントの内側へのカーブ具合は
伊勢尼>小鯛なので、使い分けできそう。
 
小鯛も実戦投入してみよう。
 
 
 
 
小さいジグを多用してるはずの小将に渡してテストしてもらうか。
20170923_004.jpg
 
20170923_005.jpg
 
※追記
 このパッケージしたフックは大心丸さんに乗船のお礼に
 差し上げました。試してみて不具合や改善要望あれば
 フィードバックお願いします。
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

TOHATSU MFS9.9E モデルチェンジ [ボート関連]

 
4年ほど前にSUZUKIのDF9.9Aと9.9Bの記事を書きました。
※その時の記事→http://aqua-field.blog.so-net.ne.jp/2013-02-09
 
9.9Aはキャブでファンクションティラーハンドル採用、
9.9Bはインジェクションで通常のシフトレバーなので
9.9Bでファンクションティラー積んでくれれば買い替え!って
思ってましたが、それから4年。
(※9.9Aはカタログ落ちしてます)
 
 
なんとTOHATSUでそのどっちも盛り込んだようなモデルが出てたんですね。
 
トーハツの9.9/15/20がモデルチェンジ。
 
20170918_.jpg
 
MF9.9E→http://www.tohatsu.co.jp/marine/product/4st/tabid/145/pdid/1100100/Default.aspx
 
 
・バッテリーレス電子制御燃料噴射システム
・ウォーターフラッシングシステム
・新型ティラ―ハンドル
 
 
重量はS脚で43.0kgってはクラス最軽量。
希望小売価格¥289,440
 
※ネット検索して調べてみると実勢価格は21万円台。
 
 
 
ちなみにSUZUKIのDF9.9Bは
バッテリーレスフューエルインジェクション
リーンバーン制御
S脚の重量が44.5kg
希望小売価格281,880円
 
 
 
これは悩ましい・・・。 
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -