So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

サビトルNEO [ボート関連]


以前壱丸さんが持って来てたケミカルで錆を落とす
「サビトル」って製品の効果が凄かったので、
自分でも買っておこうとネット検索。
 
「サビトルNEO」ってのを見つけたので、
どうせなら違うやつのほうが良いかって事で購入。
 
昨日メンテついでに試して来ました。
 
20180212_001.jpg
 
トラックの絵が書いてありますが、サビトルの製造元と同じだし
金属/FRPに使えるって事と、成分も似たような物だったので
問題無く使えるでしょう。
 
100均ショップでスプレーボトルを買って、
それに小出しにして使う事にしました。
 
面積の広い所はスプレーで吹いて、細かい所は筆とか綿棒で塗布って使い方。
 
 
 
ロッドホルダーを付けてるステンレスバーの付け根の部分で
試してみた結果・・・
 
 
※上が使用前 下が使用後
20180212_002.jpg
 
20180212_003.jpg
 
20180212_004.jpg
 
20180212_005.jpg
 
 
この程度の錆だと吹いてから10秒程度で錆が浮くので
その後しっかり水で流せばOKでした。こりゃすごい。
 
 
 
小将のボートのナビシートが酷い事になってたので、
このケミカル使ってみました。
(ビフォー/アフターの画像を撮り忘れ)
さすがにこっちはブラシで擦らないとダメでしたが、
きれいに復活。
 
洗浄後にオイルなりシリコンなりを塗布して
保護するようにしておきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小将のボートはそれ以外にも色々と問題が発覚。
 
一番酷いのはシートの固定。ネジ4本のはずがネジ2本で済ませてたって事。
有り得ない・・・。
下手すりゃ同船者の大ケガに繋がりかねない事案です。
 
船外機のトラブルはメンテしてても起こりうるので
まぁしょうがないって部分もありますが、
こっちは完全に小将のミスです。
ネジ2本で固定して、しれっとしてるってのが信じられん・・・。
 
 
自分のボートのメンテよりも大将丸の手伝いの方に
時間掛けたましたが、自分自身の勉強にもなったので
有意義な1日でした。
 
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2月4日の食材 [食す!]

アマダイで色々と
 
 
 
20180204_200.jpg 
炙り 皮だけの炙り 刺身
 
 
 
20180204_201.jpg
 
20180204_202.jpg
 
20180204_203.jpg
 
 
この個体、脂の乗りが素晴らしい。
身が締まってて脂が乗ってるって不思議。
非常に旨い。
炙ってる時の匂いも良い。炙り、ありだな。
 
 
 
20180204_204.jpg
アラ煮
 
 
 
20180204_205.jpg
弟からもらった「鳥てんの素」を使ってフリッター風に
これが合う。真鯛よりもホロっとした食感が良い。
鳥てんの素、ナイス。
 
 
 
20180204_206.jpg
定番、松笠揚げ 文句無し。
 
 
 
20180204_207.jpg
叔父からもらった日本酒を合わせ
堪能しました。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2月4日(日)鯛ラバ [釣行記録(駿河湾)]

早い時間に風が上がる予報だったので
どうかなぁと思いつつ現地へ。
 
出せなければメンテって考えてましたが、
現地に着くと4艇が準備中。
何れも早上がりで出すとの事。
 
小将が近場で真鯛を狙うとの事なので
乗せてもらう事に。
 
 
20180204_001.jpg
7時過ぎに出船。
 
 
 
20180204_002.jpg
本日の船頭(ノーバイト/ノーフィッシュ)
 
 
 
20180204_003.jpg
本日の釣果(私の)
 
 
 
9時前に風が上がりだし終了。残念。
この厳しい時期に短い時間でアマダイを釣らせる船頭の技。
見事です。
 
 
 
 
 

って事にしておきましょう。 本人は3連続ボウズらしいですが・・・。
  
 
 
 
 
浜に戻ると利丸さんが来てて、着岸のサポート。ありがとうございます。
ヤードに戻り、盛大に小将を弄って帰って行きました。
ありがとうございます(?)
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

1月28日の食材 [食す!]

活かしたまま輸送したヤリイカ
 
20180128_003.jpg
 
 
 
20180128_100.jpg
身の部分とゲソの刺身 サッと湯通ししたゲソ 身の部分の明太子和え
 
 
 
20180128_101.jpg
透き通っております
 
 
初期の食感は硬めの歯ごたえのある良い感じ。
数分レベルで食感が変わり、時間が経つにつれ柔らかく。
面白い。
明太子和えは初めから柔らかめ。不思議。
 
 
 
20180128_102.jpg
卵と身を醤油で軽く茹でる
これも食感が面白く旨い。
 
 
 
20180128_103.jpg
アマダイの刺身
程良く身が締まっていて旨し。
 
 
 
20180128_104.jpg
定番。アマダイの松笠揚げ
 
 
 
20180128_105.jpg
アマダイのアラ煮
 
 
 
ヤリイカは食感違いが数分レベルで変わると言う
面白い体験が出来ました。
ケンサキイカでもやってみたい。
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

1月の釣行まとめて [釣行記録(駿河湾)]

 
ずぼらで申し訳ありません・・・
 
 
 
1月7日 2018年開幕 釣行時の画像無し
深場でムツ系狙うもなぜかカサゴ三兄弟と近場に戻って鯛ラバでアマダイ
 
 
20180107_001.jpg
 
 
20180107_002.jpg
 
 
20180107_003.jpg
 
 
20180107_004.jpg
 
 
 
1月14日 深場でジグの予定だったけど魚探のバッテリー切れでクルージングに・・・
 
20180114_001.jpg
海上で見掛けた「陸でジアイを迎える男」
 
 
 
1月21日 ヤリイカ狙いでちょい深場へ
 
20180121_000.jpg
一流し目、フォールからの糸フケ取りして直ぐに一気に重みが。
ゆっくり巻きあげさらに重くなったので電動で巻き上げ開始。
4杯!こりゃイケる!?って思ったがそんなに都合良くは行かず。
その後2杯→1杯と合計7杯で終了。
 
 
20180121_002.jpg
 
 
20180121_003.jpg
 
 
20180121_004.jpg
 
 
陸でジアイを迎える男 今年も健在
20180121_001.jpg
 
 
 
1月28日 先週に引き続きヤリイカ狙い 
今回は生きたまま自宅に持ち帰るってのを試してみる。
 
ちょうどいいサイズが3つとパラソル級が2つ。
近場に戻ってアマダイ1つ。(画像無し)
 
 
20180128_002.jpg
 
 
20180128_003.jpg
 
この時期限定の方法かもしれないけど、マルイカ(ケンサキイカ)でも
やってみたい気がする。
アオリとかスミイカは無理だと思う・・・。
 
料理の画像は後日。
 
4回の釣行中、3回は深場へ。良い感じ。
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

謹賀新年 [その他]

 
20180101_001.gif 
 

沼津にフィールドを移し6年目に入ります。
今年も「安全第一」「プロセス重視」
本年もよろしくお願い致します。
 
2018年1月1日 AQUA FIELD weblog 管理人
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

2017年総括 [その他]

 
明日31日に出船を予定していますが、1日早く2017年の総括を。
 
 
【トピックス】
 
・出船回数30回(前年に比べ20回減)
 夏~秋に掛けて、良い時期なのに天候や海況不順で出船出来ない日が多く、
 また予定が合わない事もあり、例年よりも出船回数減少。
 
 
 
・水深180mでブリ
 20170107_002-34fdd.jpg
 年初一発目からキツイやつ・・・
 
 
 
・前半はムツ好調
 20170325_004-615e7.jpg
 
 20170129_000-4703a.jpg
 
 
 
・ダブルヒット?
 深場でジグやってるとこんな事がたまに起こります。
 20170318_005-13ba8.jpg
 真鯛とユメカサゴ
 
 
 20170325_001.jpg
 サバとムツ
 
 
 
・スピニング鯛ラバ
 20170709_004-f2a44.jpg
 キャスティングに限定した訳では無く、水深のあるところでも
 スピニングでやってみたくなり導入。これはこれで面白い。
 
 
 
・メンバーのボート同船
 20170528_000.jpg
 大心丸、第二大将丸に乗船し、落とし込みやジギングを。
 
 
 
・弟乗船
 20170816_001-3f84b.jpg
 無事真鯛捕獲。
 
 
 
・タチウオがイマイチ
 20170819_001.jpg
 初っ端でF5捕獲するも、以降はサイズダウン+単発・・・。
 
 
 
・大分遠征
 201711_004-f1eea.jpg
 がっつり釣り!って訳ではありませんが、大分に行ってエギングやライトゲームを。
 
 
 
・ロランス入れ替え
 HDS-8 Gen2→HDS-9 Gen3 Touch
 5年保証システム適用し入れ替え。マップデータのバックアップを忘れポイントの履歴全てリセット。
 
 
 
・車入れ替え 
 マツダ ボンゴフレンディ 2.5 エアロノーマルルーフ(GF-SG5W)から
 トヨタ エスティマ 3.5 アエラス(DBA-GSR55W)へ
 
 
 

【今年獲った魚】 ※22種類(と思う)
 真鯛 オニカサゴ カサゴ アマダイ ゴマサバ
 マサバ ソコイトヨリ イトヨリ ヒラメ アジ
 シロムツ ムツ アカムツ タチウオ エソ
 ブリ スルメイカ サゴシ ユメカサゴ マハタ
 カンパチ ドンコ
 
 
 
一年間お世話になりました。
 
 
来年は、
・釣行回数を増やす。
・深場の比率を増やす。
・大分釣行、春と秋で行ってみたい。
この辺を何とかしたい。 
 
 
来年もよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

12月24日釣行時の獲物 [食す!]

 
釣行時の画像が無いので「食す!」で掲載。
 
 
アマダイの良いのが獲れました。
 
20171224_001.jpg
 
 
 
20171224_002.jpg
松かさ揚げ
 
 
 
20171224_003.jpg
抹茶塩で
 
 
 
20171224_004.jpg
あえて刺身
この時期のアマダイは身が締まってるのか、
秋口の水っぽさは無く美味。
小将が「刺身イケます!」って言ってたのに納得。
 
 
 
20171224_005.jpg
潮汁
沖縄の塩(ぬちまーず)と泡盛を使い、豆腐も足してます。
良い味。
 
 
 
20171224_006.jpg
酒は由比の地酒「正雪」 旨し。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ライフジャケットの着用義務拡大 [ボート関連]

 
過去にも記事にしています(2017年2月18日の記事)が、追加で調べたので備忘録として掲載。
 
※罰則がどうこうとか、陸っぱりや渡船利用の場合は?なんてのは
 ネット検索すればたくさん出て来ますが、ライジャケのタイプ別の事は
 触れられていない事が多いようなので、掻い摘んで記事にしておきます。
 
 質問されても適切な回答は出来ないと思うので、
 国土交通省のHPをご覧になるか最寄りの機関に問い合わせてください。
 文末に引用元のリンクを掲載しておきます。
 
 
20171223_102.gif 
 
 
 
国土交通省は「関係法令を改正し、平成30年2月から
すべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化する。」と通知。
 
「桜マークのあるライフジャケットを着用してください。」と言われているので、
それに従えば間違いは無いですが、「そもそも桜マークって何?」
 
一言で表すと「国の安全基準に適合したライフジャケットの証」
 
ライフジャケットには、水中で浮き上がる力が7.5kg以上あること、
顔を水面上に維持できることなどの様々な安全基準が定められています。
 
国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認したライフジャケットには、
桜マーク(型式承認試験及び検定への合格の印)があります。
 
こんなマーク↓
20171223_103.gif
 
 
 
 
 
じゃあこのマークがついてりゃどんなのでも良いのかと言うと
そうでは無く、小型船舶には用途に応じて数種類のライフジャケットがあり、
航行区域などの諸条件によって必要となるライフジャケットのタイプが変わります。
いわゆる「タイプAだとかタイプD」って言われてるやつ。
 
  
 
ライフジャケット(救命胴衣)のタイプ別分類
 
TYPE A
 
 全ての小型船舶に法定備品として搭載することができるタイプで、
 次のような特徴があります。
 
 ・黄色やオレンジ色などの発見されやすい色です。
 ・サーチライトを反射する反射材がついています。
 ・存在をアピールするためのホイッスル(笛)がついています。
 ・浮力が7.5kg以上あります。(小児用は「※1」を参照下さい。)
 
 
TYPE D
 
 平水区域、2時間限定沿海区域及び沿岸区域を航行区域とする小型船舶(旅客船を除く。)
 及び水上オートバイ等に法定備品として搭載することができるタイプで、次のような特徴があります。
 
 ・黄色やオレンジ色に限らず自由な色です。
 ・サーチライトを反射する反射材がついています。
 ・存在をアピールするためのホイッスル(笛)がついています。
 ・浮力が7.5kg以上あります。(小児用は「※1」を参照下さい。)
 
 
TYPE F
 
 平水区域、2時間限定沿海区域及び沿岸区域を航行区域とし、
 かつ、一定の諸条件(「※2」参照下さい。)に適する小型船舶(旅客船を除く)及び
 水上オートバイ等に法定備品として搭載することができるタイプで、次のような特徴があります。
 
 ・黄色やオレンジ色に限らず自由な色です。
 ・浮力が7.5kg以上あります。(小児用は「※1」を参照下さい。)
 
 
TYPE G
 
 小型船舶用浮力補助具のことです。
 これは、平水区域を航行区域とし、かつ、一定の諸条件(※2参照下さい。)に
 適する小型船舶(旅客船を除く。)及び水上オートバイ等に法定備品として
 搭載することができるタイプで、次のような特徴があります。
 
 ・黄色やオレンジ色に限らず自由な色です。
 ・浮力が5.85kg以上あります。(小児用はありません。)
 
 
※1
小児用ライフジャケットでは、次のように小児の体重毎に浮力を分けています。
 体重40kg以上        浮力7.5kg以上
 体重15kg以上40kg未満  浮力5kg以上
 体重15kg未満        浮力4kg以上

※2
「一定の諸条件」とは、次の条件のことです。 
 
・不沈性能(船内に十分な浮力体があり沈まない構造)があること。
・キルスイッチ機能(操船者が落水時にエンジンが自動停止するもの)があること。
・音響信号器具(笛、ホーン等)を装備していること。
 
 
ではタイプと乗船する小型船舶の種類の関係はと言うと・・・
 
20171223_101.gif
 
このように、乗船する小型船舶の用途、航行区域、構造、乗船者によって
必要とされるライフジャケットのタイプは異なります。
 
 
名の知れたメーカーの膨張式(自動/手動共に)であれば、
殆どがタイプAだと思いますが、一部の製品では浮力はあっても
他の基準が適合していないため桜マークが無いってのもありますし、
ウレタンなどの浮力体を有する構成の物(ゲームベストタイプなど)は
タイプDやFの物もありますのでご注意を。
 
 
 
 
参考 国土交通省HP
http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

タオルホルダー [タックル全般]

 
あるブログでタオルホルダーの紹介をしてました。
ゴムシートに十字に切り込みを入れてるやつだったので
「作れるな、これ。」って思ってましたが、
実際に作る事はせずに日が過ぎて・・・
 
 

 
今日釣具屋に買い物に行った際に、製品を発見。
どうせ5、600円するんだろ?と思ってみたら、何と152円。

自作の必要無いなって事で購入。
 
20171223_001.jpg
 
20171223_002.jpg
 
20171223_003.jpg
良い感じ。
 
 
リングが鉄にメッキだったので、
手持ちのSUS304リングに交換。
 
20171223_004.jpg
完璧じゃ。
 
 
 
追記
100均のセリアで同じ物を売ってるようですね。

 
 
 
 
 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -